メインメニューを開く

差分

en:Paavo Nurmi oldid=811410145 より翻訳。完了しました
{{工事中}}
{{Infobox sportsperson
| name = パーヴォ・ヌルミ
1952年、ヌルミは元フィンランド陸連会長のフィンランド首相[[ウルホ・ケッコネン]]に説得されて、[[1952年ヘルシンキオリンピック]]で[[オリンピック聖火]]を[[ヘルシンキ・オリンピックスタジアム]]に持ち込む{{仮リンク|最終聖火ランナーの一覧|en|List of people who have lit the Olympic Cauldron|label=最終聖火ランナー}}を務めた<ref name="HS 2000" />。観客はヌルミが現れたことに驚き、[[スポーツ・イラストレイテッド]]は「彼の名高い大または群衆にとって間違いようもなく、彼の姿が現れたときはスタジアムに音の波が響き始まり、続いて咆哮に、やがて雷へと大きくなっていった。フィンランドチームは整列していたが、ヌルミの姿を見るや興奮した学生のように競走路の縁に走った」と報じた<ref name="Sports Illustrated">{{Cite web | first=William | last=Johnson | work=[[スポーツ・イラストレイテッド|Sports Illustrated]] | title=After The Golden Moment | date=17 July 1972 |url=http://sportsillustrated.cnn.com/vault/article/magazine/MAG1086332/index.htm | accessdate=23 August 2012}}</ref>。聖火台を点火した後、ヌルミは聖火を憧れのコーレマイネンに渡し、コーレマイネンは塔にあるかがり火を点火した{{sfn|Sears|2001|p=216}}。ヌルミは取り消された[[1940年東京オリンピック]]ではフィンランドの金メダル獲得者50人を率いる予定だった<ref>{{Cite news | newspaper={{仮リンク|ミルワウキー・ジャーナル・センティナル|en|Milwaukee Journal Sentinel|label=The Milwaukee Journal}} | title=Finns to Pay Tribute to Nurmi at Olympics | date=28 February 1939 | page=6 |url=https://news.google.com/newspapers?id=GhgaAAAAIBAJ&sjid=MCIEAAAAIBAJ&pg=2087,270837&dq=paavo-nurmi&hl=en | accessdate=23 August 2012}}</ref>。
 
ヌルミは運動選手として名声を得すぎ、商人として名声を得なさすぎたと考えたが<ref name="Finnish Literature Society" />、彼の競争に対する興味が薄れることはなかった{{sfn|Raevuori|1997|p=382}}。彼は数度競走路に戻って走ったほどだった。1946年、彼は[[ギリシャ内戦]]の被害者のために募金して、昔からのライバルである[[エドヴィン・ヴィーデ]]とともにストックホルムで競走した<ref>{{Cite book | first=Paavo | last=Karikko | first2=Mauno | last2=Koski | year=1975 | title=Yksin aikaa vastaan: Paavo Nurmen elämäkerta | publisher=Weilin & Göös | page=310 | isbn=978-9513514075 | language=Finnishfi}}</ref>。ヌルミの最後の競走は{{仮リンク|ニューヨーク陸上競技クラブ|en|New York Athletic Club}}の招待で1966年2月18日に[[マディソン・スクエア・ガーデン]]で行われた競走である{{sfn|Raevuori|1997|p=377}}。1962年、ヌルミは福祉国家が長距離競走で不利であると予想、「国の生活水準が高いほど、努力と困難が必要な種目における結果が悪くなる。私は新世代に警告したい:『この快適な生活で怠惰になるな。新しい交通手段に運動の本能を消滅されるな。短距離でも自動車で行く若者が多すぎる。』」と述べた<ref>{{Cite journal | last1=Phillips | first1=Bob | year=2005 | title=Then Snell came past like a runaway horse | journal=BMC News | volume=4 |issue=2 | page=37 | publisher=The British Milers' Club |url=http://www.britishmilersclub.com/bmcnews/2005autumn.pdf | accessdate=13 September 2012}}</ref>。1966年、ヌルミはスポーツクラブのゲスト300人を前に演説、フィンランドの長距離走の状態を批判して、スポーツ官僚をただの売名家や旅行者だとしかり、運動選手に何かを成し遂げるために全てをなげうつよう求めた{{sfn|Raevuori|1997|pp=380-381}}。その後、ヌルミは1970年代にフィンランドの陸上競技が回復の兆しを見せたのを見届けることができた。この年、[[ラッセ・ビレン]]と{{仮リンク|ペッカ・ヴァサラ|en|Pekka Vasala}}が[[1972年ミュンヘンオリンピック]]で金メダルを獲得した{{sfn|Raevuori|1997|p=382}}。彼はビレンの走姿を褒め、ヴァサラには[[キプチョゲ・ケイノ]]に注目するよう助言した<ref name="Finnish Literature Society" />。
 
1964年に米大統領[[リンドン・ジョンソン]]の招待を受けて[[ホワイトハウス]]を再び訪れたものの<ref>{{Cite news | newspaper=[[ニューヨーク・タイムズ|The New York Times]] | title=Paavo Nurmi Welcomed to Washington by President | date=25 January 1964 |url=https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F50D11FD3E5415738DDDAC0A94D9405B848AF1D3 | accessdate=26 August 2012}}</ref>、ヌルミは1960年代末にマスコミのインタビューを受けるようになるまでかなり隠遁した生活を送った<ref>{{Cite news | newspaper={{仮リンク|サ・スポークスマン=レビュー|en|The Spokesman-Review|label=Spokane Daily Chronicle}} | title=Famed Nurmi Dies at 73 | date=2 October 1973 | page=15 |url=https://news.google.com/newspapers?id=iKdYAAAAIBAJ&sjid=nfgDAAAAIBAJ&pg=4637,789799&dq=nurmi&hl=en | accessdate=26 August 2012}}</ref>。1967年、ヌルミは70歳の誕生日に[[フィンランド国営放送]]のインタビューを受けることに同意したが、それは大統領[[ウルホ・ケッコネン]]がインタビュアーを務めることを知ってからの事だった<ref>{{Cite news | newspaper={{仮リンク|サ・パーム・ビーチ・ポスト|en|The Palm Beach Post|label=The Palm Beach Post}} | title=Nurmi Wants To Meet Jim Ryun | date=14 June 1967 | page=18 |url=https://news.google.com/newspapers?id=VnUyAAAAIBAJ&sjid=0LUFAAAAIBAJ&pg=5668,3796966&dq=nurmi&hl=en | accessdate=26 August 2012}}</ref>。ヌルミの健康は悪化しており、少なくとも1回心臓発作を起こしたほか、[[卒中]]を起こしており、目も悪くなった。彼は時には運動について苦々しく思うようになり、科学や芸術と比べて時間の無駄であると述べた{{sfn|Raevuori|1997|p=365}}。彼は1973年にヘルシンキで死去、[[国葬]]の待遇を受けた<ref name="CNN" />。ケッコネンは葬式に出席してヌルミに賛辞を述べた:「人は地平線まで探して後継者を探した。しかし誰も来ず、これからも誰も来ない。彼の優秀さは彼とともに消滅したのだ」{{sfn|Sears|2001|p=216}}。クラシック音楽を好み、バイオリンを弾いたヌルミの望みで<ref name="Finnish Literature Society" />、葬式中に{{仮リンク|コンスタ・ユルハ|en|Konsta Jylhä}}のヴァイエンヌト・ヴィウル({{lang|fi|Vaiennut viulu}}、「沈黙したバイオリン」)が演奏された{{sfn|Raevuori|1997|p=415}}。ヌルミが作った世界記録のうち、室内2000メートル競走の記録はフィンランド記録として1925年から1996年までの71年間破られないままだった<ref>{{Cite news | newspaper={{仮リンク|ザ・バファロー・ニュース|en|The Buffalo News|label=The Buffalo News}} | title=Nurmi's last record falls, one he set in Buffalo | date=14 February 1996 |url=http://www.highbeam.com/doc/1P2-22827900.html | accessdate=1 September 2012}}{{Subscription required|via=[[ハイビームリサーチ|HighBeam Research]]}}</ref>。
ヌルミは1932年から1935年まで、社交界の花形シルヴィ・ラークソネン({{lang|fi|Sylvi Laaksonen}})と結婚していた<ref name="HS 2006" />。しかしラークソネンは陸上競技に興味を持たず、生まれた子供マッティ({{lang|fi|Matti}})を走者になるよう育てようとしたヌルミに反対して1933年に[[AP通信]]に「彼が陸上競技に集中したことは最終的には私を離婚のために裁判所に行かせた」」と述べた<ref>{{Cite news | newspaper={{仮リンク|カルガリー・ヘラルド|en|Calgary Herald|label=The Calgary Daily Herald}} | title=Athlete should never marry, says Mrs. Paavo Nurmi | date=20 October 1933 | page=8 |url=https://news.google.com/newspapers?id=VBtkAAAAIBAJ&sjid=JXsNAAAAIBAJ&pg=3127,5166934&dq=nurmi&hl=en | accessdate=27 August 2012}}</ref>。マッティ・ヌルミは後に中距離走者になり、その後は独学でビジネスに進出した<ref name="Doug Gillon" />。ヌルミとマッティの関係は「窮屈」であるといわれている<ref name="Doug Gillon" />。マッティは父を陸上競技選手よりもビジネスマンとして尊敬しており、2人は競走について話し合ったことはなかった<ref name="Doug Gillon" />。走者としてのマッティは3000メートル競走の成績が最もよく、父と同じ成績を達成した<ref name="Doug Gillon" />。1957年7月11日に「3人のオラヴィ」({{仮リンク|オラヴィ・サルソラ|en|Olavi Salsola}}、{{仮リンク|オラヴィ・サロネン|en|Olavi Salonen}}、{{仮リンク|オラヴィ・ヴオリサロ|en|Olavi Vuorisalo}})が1500メートル競走の世界記録を更新した有名なレースではマッティ・ヌルミは個人ベストを出したが9位に終わり、父が1924年に作った世界記録よりも2.2秒遅かった<ref name="Doug Gillon" />。「ヴァンパイラ」({{lang|en|Vampira}})で知られる女優の[[メイラ・ヌルミ]]はパーヴォ・ヌルミの姪であるといわれたが<ref name="Maila Nurmi">{{Cite web |url=http://muistot.hs.fi/muistokirjoitus/2243/maila-nurmi | title=Maila Nurmi | accessdate=10 September 2012 | last=Kaseva | first=Tuomas | work=[[ヘルシンギン・サノマット|Helsingin Sanomat]] | language=フィンランド語}}</ref>、この親族関係は公式文書での証拠はない<ref name="Maila Nurmi" />。
 
ヌルミはフィンランドのスポーツマッサージとサウナ入浴の慣習を好み、1924年パリオリンピックで酷暑の下でも好成績を出せたのは{{仮リンク|フィンランドサウナ|en|Finnish sauna}}のおかげであると述べた<ref name="Nurmi 1932">{{Cite news | first=Paavo | last=Nurmi | newspaper=[[ヘルシンギン・サノマット|Helsingin Sanomat]] |url=http://files.snstatic.fi/HS/2012/10/hs19320707004.pdf | title=Kunnossaolosalaisuuteni. Sauna ja hieronta ihmelääkkeet. | page=4 | accessdate=12 October 2012 | date=7 July 1932 | language=Finnishfi}}</ref>。彼は15歳から21歳まで菜食を行ったが、それ以外では何でも食べた<ref name="Nurmi 1932" />。ヌルミは[[神経衰弱 (精神疾患)|神経衰弱]]とされており、「無口」、「無表情」、「頑固」などと言われた<ref name="Finnish Literature Society" />。親友がいたとは信じられていないが、たまには社交生活を行ってその小さな交友関係の輪で「皮肉的なユーモア」を披露したという<ref name="Finnish Literature Society" />。その絶頂期には世界中で最も有名なスポーツ選手とされていたが<ref>{{Cite journal | first=Enrique Hank | last=Lopez | journal={{仮リンク|アメリカン・ヘリテージ (雑誌)|en|American Heritage (magazine)|label=American Heritage}} | title=The Shoeless Mexicans Vs. The Flying Finn | date=April 1974 | volume=25 | issue=3 |url=http://www.americanheritage.com/content/shoeless-mexicans-vs-flying-finn | accessdate=30 August 2012}}</ref>、ヌルミは世間の注目とメディアを嫌っており<ref name="Finnish Literature Society" />。後に75歳の誕生日のとき(1972年)に「世界的な知名度と名声は腐った[[コケモモ]]よりも価値が低い」と述べた<ref name="Doug Gillon" />。フランスのジャーナリスト[[ガブリエル・アノ]]はヌルミのスポーツに対する集中を疑問視し、1924年にヌルミがこれまでになく「本気、無口、悲観的、熱狂的、そして集中している。彼の中の冷たさと強い自制により、彼が感情をあらわにすることは一瞬たりともなかった。」と書いた<ref name="Nurmi as seen by others">{{Cite web | work=The Sports Museum of Finland | title=Nurmi as seen by others |url=http://www.urheilumuseo.fi/Paavonurmi/seenby.htm | accessdate=30 August 2012}}</ref>。同時代のフィンランド人の間では一部が彼にスーリ・ヴァイケニヤ({{lang|fi|Suuni vaikenija}}、「偉大な沈黙な奴」)というあだ名をつけ{{sfn|Raevuori|1997|p=372}}、[[ロン・クラーク]]は後にヌルミがフィンランドの走者やジャーナリストにとってすら謎であると述べた:「彼らに対しても、本当の自分ではいなかった。彼は謎めいており、鵺的で、雲の中の神様のようだ。まるで全時間に演劇の役を演じているみたいだった」<ref name="Nurmi as seen by others" />。
 
ヌルミは同僚の走者に対してはメディアより多くを述べた。彼はアメリカの短距離走者[[チャールズ・パドック]]と意見交換をしており、ライバルの{{仮リンク|オットー・ペルツァー|en|Otto Peltzer}}とは一緒にトレーニングすらした<ref name="The Guardian 2008" /><ref>{{Cite book | year=1984 | title=Olympic Review, Issues 195–206 | publisher=[[国際オリンピック委員会|International Olympic Committee]] | page=171}}</ref>。ヌルミはペルツァーに敵を忘れるよう言った:「自分に打ち勝つことがアスリートにとって最も大きな挑戦だ」<ref name="The Guardian 2008" />。ヌルミは心理的な強靭さを重要視したことで知られており、「精神が全てだ。筋肉など、ただのゴムの塊だ。私の精神があるから私がいるのだ」と述べた<ref>{{Cite book | first=Pete | last=Pfitzinger | first2=Scott | last2=Douglas | year=2008 | title=Advanced Marathoning | publisher=Human Kinetics | page=11 | isbn=978-0736074605}}</ref>。競走路上にいるヌルミについて、ペルツァーは「彼の無感覚はまるで仏陀が競走路で滑走しているようだ。ストップウオッチを手に、1周また1周と(終点の)テープに向かい、数学テーブルの規則にした従っていない。」と述べた<ref name="The time machine">{{Cite web | first=Tim | last=Pears | title=The time machine | work=[[ガーディアン|The Guardian]] |url=https://www.theguardian.com/sport/2007/jul/29/athletics.features | date=29 July 2007 | accessdate=17 August 2012}}</ref>。マラソン選手の{{仮リンク|ジョニー・ケリー (陸上競技選手)|en|Johnny Kelley|label=ジョニー・ケリー}}は1936年オリンピックではじめて憧れのヌルミに会った。彼はヌルミが始めには冷たかったが、ヌルミが彼の名前を聞いた後に割と長く話し合っており、「彼は私の手を握った――興奮した様子で。信じられない!」と回想した<ref>{{Cite book | first=Frederick | last=Lewis | first2=Dick | last2=Johnson | year=2005 | title=Young at Heart: The Story of Johnny Kelley, Boston's Marathon Man | publisher=[[ラウンダー・レコード|Rounder Records]] | page=49 | isbn=978-1579401139}}</ref>。
 
ヌルミの速さと性格のつかみどころのなさにより、「ファントム・フィン」({{lang|en|Phantom Finn}})、「走者の王様」({{lang|en|King of Runners}})、「無比のパーヴォ」({{lang|en|Peerless Parvo}})などのあだ名をつけられた<ref name="Urheilumuseo" /><ref>{{Cite news | first=Paul | last=Sjoblom | newspaper={{仮リンク|リーダー=ポスト|en|Leader-Post|label=The Leader-Post}} | title=Nurmi To Coach Athletes | date=5 June 1941 | page=17 |url=https://news.google.com/newspapers?id=j7tTAAAAIBAJ&sjid=dDgNAAAAIBAJ&pg=1655,3884499&dq=paavo-nurmi&hl=en | accessdate=10 September 2012}}</ref><ref name="Scandinavian Review">{{Cite web | first=Richard J. | last=Litell | work=Scandinavian Review | title=Peerless Paavo | date=1 October 2008 |url=http://www.highbeam.com/doc/1P3-1601026691.html | accessdate=10 September 2012}}{{Subscription required|via=[[ハイビームリサーチ|HighBeam Research]]}}</ref>。一方、彼の数学における技術とストップウオッチの使用によりマスコミは彼を走る機械として描写した<ref>{{Cite book | first=John | last=Bale | year=2003 | title=Running Cultures: Racing in Time and Space | publisher=[[ラウトレッジ|Routledge]] | pages=88-89 | isbn=978-0714684246}}</ref>。とある記者はヌルミを「時間を消滅させるために作られた機械の[[フランケンシュタイン]]」と形容した<ref name="The Olympic Odyssey">{{Cite book | first=Phil | last=Cousineau | year=2003 | title=The Olympic Odyssey: Rekindling the True Spirit of the Great Games | publisher={{仮リンク|アメリカ神智学協会|en|Theosophical Society in America|label=Quest Books}} | page=130 | isbn=978-0835608336}}</ref>。{{仮リンク|フィル・コージノー|en|Phil Cousineau}}は「ロボットが現代の霊魂のない人類を代表するようになる時代、彼自身が発明した、ストップウオッチでペースをつけるテクニックは人々に霊感を与えるのと同時に人々を困らせた」<ref name="The Olympic Odyssey" />。大衆向け新聞ではヌルミに関する噂としては彼が「奇形的な」心臓を持ち、脈拍数が異常に低い、というものがある<ref>{{Cite news | first=H. G. | last=Salsinger | authorlink=H. G. Salsinger | newspaper={{仮リンク|ザ・ディアボーン・インディペンデント|en|The Dearborn Independent|label=The Dearborn Independent}} | title=Courage and Endurance — Matters of Stomach, Not of Heart | date=5 March 1927 | page=12}}</ref>。ヌルミがアマチュアかどうかの論争の最中、ヌルミは「世界中の運動選手の中で最も低い脈拍数と最も高い提示価格を有した選手」であるといわれた<ref name="Scandinavian Review" />。
 
== 死後 ==
[[ファイル:Paavo Nurmi and Wäinö Aaltonen.jpg|thumb|alt=キャプションを参照|[[アテネウム美術館]]にあるヌルミ像の前に立つヌルミと[[ヴァイノ・アールトネン]]、1930年代の写真。]]
ヌルミは1500メートルから20キロメートルまでの競走の公式世界記録を合計で22更新しており、更新数自体が新記録である<ref name="Records" /><ref>{{Cite web | work=[[国際陸上競技連盟|IAAF]] | title=Gebrselassie approaching Record for Running Records | date=16 March 2006 |url=http://www.iaaf.org/news/Kind=2/newsId=33961.html | accessdate=1 September 2012}}</ref>。非公式記録も多く作り、公式記録と合わせて合計58となっている<ref name="Doug Gillon" />。国際陸連は1980年代まで屋内記録を認可しなかったため、ヌルミの屋内世界記録は全て非公式である<ref name="Records" />。ヌルミの[[オリンピックで多数の金メダルを獲得した選手一覧|生涯オリンピックで金メダルを最も多く獲得した選手]]という記録は1964年に体操選手[[ラリサ・ラチニナ]]が、1972年に競泳選手[[マーク・スピッツ]]が、1996年に陸上競技選手[[カール・ルイス]]が並び、2008年に競泳選手[[マイケル・フェルプス]]に破られた<ref>{{Cite web | first=Larry | last=Schwartz | title=Phelps cements place in history | work=[[英国放送協会|BBC]] |url=http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/olympics/swimming/7557659.stm | date=13 August 2008 | accessdate=1 September 2012}}</ref>。ヌルミの{{仮リンク|オリンピックで多数のメダルを獲得した選手一覧|en|List of multiple Olympic medalists|label=生涯オリンピックでメダルを最も多く獲得した選手}}という記録は1960年にフェンシング選手{{仮リンク|エドアルド・マンジャロッティ|en|Edoardo Mangiarotti}}が13個目のメダルを獲得したことで破られた<ref>{{Cite web | first=Douglas | last=Martin | title=Edoardo Mangiarotti, Olympian Fencer, Dies at 93 | work=[[ニューヨーク・タイムズ|The New York Times]] |url=https://www.nytimes.com/2012/05/28/sports/olympics/edoardo-mangiarotti-olympian-fencer-dies-at-93.html | date=25 May 2012 | accessdate=1 September 2012}}</ref>。[[タイム (雑誌)|タイム雑誌]]は1996年にヌルミを最も凄いオリンピック選手であると選び{{sfn|Raevuori|1997|p=15}}、国際陸連は2012年に[[陸上殿堂]]入り選手を初めて選抜したとき、ヌルミはその時に選ばれた選手12人の1人となった<ref name="Reuters">{{Cite web | title=Owens, Nurmi among first in IAAF Hall of Fame | work=[[ロイター|Reuters]] |url=https://www.reuters.com/article/2012/03/08/us-athletics-indoors-fame-idUSBRE8270KK20120308 | date=8 March 2012 | accessdate=1 August 2012}}</ref>。
 
ヌルミは常に[[ストップウオッチ]]をもって走り、均一速度走法を発明して1レース間にエネルギーを均一に消費した<ref name="American Miler">{{Cite book | first=Paul J. | last=Kiell | title=American Miler: The Life and Times of Glenn Cunningham | year=2006 | publisher=Breakaway Books | page=241 | isbn=978-1891369599}}</ref>。この走法を使用した理由について、ヌルミは「時間と競争するとき、スパートをかける必要はない。(終点の)テープまで一様に辛いので、他の人はそのペースを維持できない。」と述べた<ref name="Scandinavian Review" />。{{仮リンク|アーキー・マクファーソン|en|Archie Macpherson}}は「常にストップウオッチを手に持った彼(ヌルミ)は陸上競技において賢く努力することを新しい水準に上げ、現代科学で武装した陸上競技選手の先駆者となった」と述べた<ref>{{Cite web | first=Archie | last=Macpherson | work=[[ヘラルド (グラスゴー)|The Herald]] | title=Sport has become a matter of taste | date=13 December 1999 |url=http://www.highbeam.com/doc/1P2-23763889.html | accessdate=10 September 2012}}{{Subscription required|via=[[ハイビームリサーチ|HighBeam Research]]}}</ref>。ヌルミはトレーニングにおいても先駆者として知られ、彼は一年中を通してトレーニングを行う系統的なプログラムを作成、長距離走と[[インターバルトレーニング|インターバルランニング]]を組み込んだ<ref>{{Cite web | work=[[英国放送協会|BBC]] | title=Faster, Higher, Stronger – Paavo Nurmi |url=http://www.bbc.co.uk/programmes/p00v9bs4/profiles/paavo-nurmi | accessdate=10 September 2012}}</ref><ref>{{Cite web | work=[[スポーツ・イラストレイテッド|Sports Illustrated]] | title=Nurmi pioneered modern long-distance running | date=8 August 2004 |url=http://sportsillustrated.cnn.com/2004/olympics/2004/08/08/bc.olympics.athletics.nurmi/ | accessdate=19 September 2012}}</ref>。[[ピーター・ラヴゼイ]]は著作の「長距離の王:偉大な走者5人に関する研究」({{lang|en|The Kings of Distance: A Study of Five Great Runners}})でヌルミが「世界記録の更新を加速。分析的なトレーニング法を発展させて、それを具体化。フィンランドだけでなく、世界の陸上競技全体に対しても大きな影響力を有した。ヌルミのスタイル、テクニック、戦術は絶対確実とされ、実際にフィンランドの選手が模倣して記録を更新してきたことから尚更だった。」と述べた{{sfn|Lovesey|1968|p=165}}。[[Track & Field News]]の創刊者コードナー・ネルソン({{lang|en|Cordner Nelson}})は競走が多くの観客を集めるスポーツに発展したことについて、ヌルミがその功労者であると考え、「彼の競走における足跡は空前絶後だった。競走が世界のスポーツ観客の眼中に留まるメジャースポーツになったのは、誰よりも彼のおかげだった。世界のスポーツ観客は彼を全てのスポーツの中で真に偉大な選手の1人とみなした。」と述べた<ref name="Nurmi as seen by others" />。
 
ヌルミの貢献とトレーニング法はその後数世代もの間、新しいスター走者に影響を与えた。[[エミール・ザトペック]]は子供の頃、トレーニングを受けるときに「私はヌルミだ!私はヌルミだ!」と唱え<ref name="Doug Gillon" />、トレーニング法にヌルミのそれについてわかるだけ取り入れた{{sfn|Lovesey|1968|p=125}}。[[ラッセ・ビレン]]はヌルミを崇拝しており、ヌルミが死去した日にはじめてヌルミに会う予定だった<ref name="The time machine" />。[[ヒシャム・エルゲルージ]]は感銘を受けて陸上競技選手になり、「祖父が語り継げてきた偉大な男の貢献を再現」しようとした<ref name="The New Zealand Herald">{{Cite web | first=Eugene | last=Bingham | title=Athletics: Nurmi legend relived by El Guerrouj | work=[[ニュージーランド・ヘラルド|The New Zealand Herald]] |url=http://www.nzherald.co.nz/news/article.cfm?a_id=84&objectid=3587844&ref=imthis | date=30 August 2004 | accessdate=10 September 2012}}</ref>。彼はヌルミが達成した以降はじめてオリンピックの1500メートルと5000メートル競走の金メダルを同時に獲得した選手となった<ref name="The New Zealand Herald" />。ヌルミはオリンピック競技場以外でも影響力を発揮した。1928年のオリンピックでは{{仮リンク|カジミェシュ・ウィルチンスキー|en|Kazimierz Wierzyński}}が[[オリンピックの芸術競技・メダリスト一覧|詩歌部門]]にて「オリンピックの月桂冠」({{lang|en|Olympic Laurel}})という詩で金メダルを獲得したが、この詩にはヌルミに関する1節がある<ref name="SUT">{{Cite web | first=Vesa-Matti | last=Peltola | title=Huomionosoituksia maassa ja taivaassa | work=Suomen Urheilutietäjät |url=http://www.saunalahti.fi/sut/nurmi.html | accessdate=1 September 2012 | language=フィンランド語}}</ref>。また、1936年オリンピックでは{{仮リンク|ルートヴィヒ・シュトゥッベンドルフ|en|Ludwig Stubbendorf}}が馬の「ヌルミ」とともに[[総合馬術]]の個人戦と団体戦の金メダルを獲得した<ref name="SUT" />。
 
[[ファイル:FIN-10m-anv.jpg|thumb|left|alt=キャプションを参照|10[[フィンランド・マルッカ]]の紙幣に描かれたヌルミ。]]
ヌルミの銅像は1925年に[[ヴァイノ・アールトネン]]によって作製された<ref name="HS 2009">{{Cite web | first=Arno | last=Seiro | title=Sportsmen set in stone in the capital | work=[[ヘルシンギン・サノマット|Helsingin Sanomat]] |url=http://www.hs.fi/english/article/Sportsmen+set+in+stone+in+the+capital/1135250814532 | date=17 November 2009 | accessdate=2 September 2012}}</ref>。原作は[[アテネウム美術館]]に飾られたが、そのコピーがトゥルク、[[ユヴァスキュラ]]、[[ヘルシンキ・オリンピックスタジアム]]の前、スイスの[[ローザンヌ]]にある[[オリンピック・ミュージアム]]で飾られている<ref name="HS 2009" />。{{仮リンク|ヘルシンキ工業大学|en|Helsinki University of Technology}}の学生がした有名な悪戯として、1628年以降海底に沈んでいた[[ヴァーサ (戦列艦)|ヴァーサ]]が1961年に引き上げられたとき、ヌルミ像のミニチュアがその沈没船から発見されている<ref>{{Cite web | first=Olli | last=Ihamäki | title=Teekkarien kuningasjäynästä puoli vuosisataa | work=[[フィンランド国営放送|Yle]] |url=http://yle.fi/uutiset/teekkarien_kuningasjaynasta_puoli_vuosisataa/5350123 | date=28 April 2011 | accessdate=2 September 2012 | language=フィンランド語}}</ref>。ヌルミ像はほかにも{{仮リンク|レネー・シンテニス|en|Renée Sintenis}}が1926年に、{{仮リンク|カール・エルド|en|Carl Eldh}}が1937年に製作しており、中でもエルドが1937年に作製したロパレ({{lang|sv|Löpare}}、「走者」)はヌルミと[[エドヴィン・ヴィーデ]]の競走を描いた<ref name="SUT" />。1925年にスウェーデンで出版されたボケン・オム・ヌルミ({{lang|sv|Boken om Nurmi}}、「ヌルミに関する本」)はフィンランド運動選手の伝記としては最初である<ref name="SUT" />。フィンランドの天文学者[[ユルィヨ・バイサラ]]は1939年に[[小惑星帯]]の小惑星1740を[[パーヴォ・ヌルミ (小惑星)|パーヴォ・ヌルミ]]と名づけ<ref>{{Cite book | first=Lutz | last=Schmadel | year=2003 | title=Dictionary of Minor Planet Names | publisher=[[シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア|Springer]] | page=138 | isbn=978-3540002383}}</ref>、[[フィンエアー]]は1969年にはじめて購入した[[ダグラス DC-8]]を「パーヴォ・ヌルミ」と名付けた<ref>{{Cite web | title=DC-8 – A big leap forward | work=[[フィンエアー|Finnair]] |url=http://www.finnairgroup.com/mediaen/mediaen_10_2_1.html | accessdate=2 September 2012}}</ref>。ヌルミのライバルだった[[ビレ・リトラ]]は1970年にフィンランドに帰国したときこの飛行機に乗った<ref name="SUT" />。
 
1969年より毎年行われた{{仮リンク|パーヴォ・ヌルミ・マラソン|en|Paavo Nurmi Marathon}}は[[ウィスコンシン州]]最古のマラソン競走であり、アメリカの[[アメリカ合衆国中西部|中西部]]地域では2番目に古いマラソン競走である<ref>{{Cite book | first=Thomas | last=Huhti | year=2011 | title=Wisconsin | publisher={{仮リンク|ムーン・パブリケーションズ|en|Moon Publications|label=Avalon Travel}} | page=261 | isbn=978-1598807455}}</ref>。フィンランドでは1992年以降ヌルミの出身地[[トゥルク]]で{{仮リンク|パーヴォ・ヌルミ・マラソン (トゥルク)|en|Paavo Nurmi Marathon (Turku)|label=同名のマラソン競走}}が行われており、また1957年以来パーヴォ・ヌルミ大会({{lang|fi|Paavo Nurmi kisat}})という陸上競技大会が行われている<ref>{{Cite web | title=Paavo Nurmen kisat | work=Paavo Nurmi Sports |url=http://www.paavonurmisports.fi/fi/paavo-nurmen-kisat | accessdate=2 September 2012 | language=フィンランド語}}</ref>。フィンランドをルーツに持つアメリカの{{仮リンク|フィンランディア大学|en|Finlandia University}}はその陸上競技センターをヌルミに因んで名づけている<ref>{{Cite web | title=Paavo Nurmi Athletic Center | work={{仮リンク|フィンランディア大学|en|Finlandia University|label=Finlandia University}} |url=http://www.finlandia.edu/paavo-nurmi-athletic-center.html | accessdate=2 September 2012}}</ref>。1987年、[[フィンランド銀行]]はヌルミの肖像が描かれた10[[フィンランド・マルッカ]]紙幣を発行した<ref name="Bank of Finland">{{Cite web | title=Ask about money! | work=[[フィンランド銀行|Bank of Finland]] |url=http://www.rahamuseo.fi/en/tietoa_rahamuseosta_kysy_numismatiikasta.html | accessdate=2 September 2012}}</ref>。ほかの新発行の紙幣には建築家[[アルヴァ・アールト]]、作曲家[[ジャン・シベリウス]]、啓蒙主義の思想家{{仮リンク|アンデルス・キデーニウス|en|Anders Chydenius}}、作家[[エリアス・リョンロート]]が描かれている<ref name="Bank of Finland" />。ヌルミが描かれた紙幣は1993年に[[ヴァイノ・リンナ]]が描かれた20マルッカ紙幣に置換された<ref name="Bank of Finland" />。1997年、トゥルクにある、1890年代に建てられたスタジアムが{{仮リンク|パーヴォ・ヌルメン・スタディオン|en|Paavo Nurmi Stadium}}に名づけられた<ref name="SUT" />。このスタジアムには20件の世界記録が出されており、ヌルミが3000メートル競走の記録を、[[ジョン・ランディ]]が1500メートルと1マイル競走の記録を、ザトペックが10000メートルの記録をこのスタジアムで出している<ref>{{Cite news | first=Tuomas | last=Rimpiläinen | newspaper={{仮リンク|トゥルン・サノマット|en|Turun Sanomat|label=Turun Sanomat}} | title=Turkuun pystytettiin kirjoitusvirheitä pursuava muistomerkki | date=6 October 2010 |url=http://www.ts.fi/uutiset/kotimaa/164223/Turkuun+pystytettiin+kirjoitusvirheita+pursuava+muistomerkki | accessdate=2 September 2012 | language=fi}}</ref>。フィクションにおいては1974年に出版された[[ウィリアム・ゴールドマン]]の小説[[マラソンマン]]で主役の憧れの的として登場、この小説の主役はヌルミよりも偉大な走者になることを目指した<ref>{{Cite web | first=Gene | last=Lyons | title=The Killing Of the King; By William Goldman, 309 pp. New York: Delacorte Press. $7.95. | work=[[ニューヨーク・タイムズ|The New York Times]] |url=https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F70914FC3459147A93C5AB178BD95F408785F9 | date=27 October 1974 | accessdate=2 September 2012}}</ref>。{{仮リンク|パーヴォ・ハーヴィッコ|en|Paavo Haavikko}}が創作、{{仮リンク|トゥオマス・カンテリネン|en|Tuomas Kantelinen}}が作曲した{{仮リンク|偉大なパーヴォ。偉大なレース。偉大な夢。|en|Paavo the Great. Great Race. Great Dream.}}というヌルミに関する演劇は2000年に[[ヘルシンキ・オリンピックスタジアム]]で初演された<ref>{{Cite news | newspaper=[[ヘルシンギン・サノマット|Helsingin Sanomat]] | title=Sport and song combine in Paavo Nurmi Opera spectacle | date=7 August 2000 |url=http://www2.hs.fi/english/archive/news.asp?id=20000807xx5 | accessdate=19 September 2012}}</ref>。2005年には[[ザ・シンプソンズ]]の{{仮リンク|ゴー・ゴー・ガイ・パン|en|Goo Goo Gai Pan}}というエピソードにおいて、{{仮リンク|チャールズ・モンゴメリ・バーンズ|en|Mr. Burns}}が自身のアンティーク自動車で一度ヌルミと競走して競り勝ったと自慢している<ref>{{Cite web | title=The Simpsons -sarjan tuoreessa olympialaisjaksossa vieraillaan Helsingissä | work=Dome |url=http://dome.fi/elokuvat/ajankohtaista/the-simpsons-sarjan-tuoreessa-olympialaisjaksossa-vieraillaan-helsingissa | date=16 February 2010 | accessdate=2 September 2012 | language=フィンランド語}}</ref>。
 
== 成績 ==