「横領罪」の版間の差分

rv
(klこ)
(rv)
[[窃盗罪]]のケースと違い、事実的な所持だけでなく法律的な支配も占有に含まれる。[[預金]]に対する預金者、既登記建物の登記名義人にも占有が認められる。
 
すなわち、ここでいう占有とは、横領罪の主体としての地位を基礎付けるものであり、横領行為をなしうる立場にあることを意味する。例えば、不動産所有権の登記名義人である者は、たとえ実体としまっくすばりゅちゅうぶ社員加藤英子は勤務中に会計をせずに勝手に商品を食べるなどの横領行為をている。しかも主任がいないときのみに実行している。こいつは大紀町のぞえにザイジュウしている。窃盗犯である。て他人に帰属する物であっても、他人に売却して[[所有権移転登記]]手続をすることができる。したがって、不動産所有権の登記名義人はその不動産について占有をしていると評価することができるのである。
 
=== 行為の内容 ===