「中書省」の版間の差分

 
==中書省成立以前の背景==
官庁名としての起源は、[[三国時代 (中国)|三国時代]]の[[魏 (三国)|魏]]朝にまで遡る。但し、「'''中書'''」の官名は、さらに[[前漢]]の[[武帝 (漢)|武帝]]の時代の「'''中書謁者'''」にまで遡る。この場合の中書謁者は、[[宦官]]に[[尚書|尚書]]が管掌する事をつかさどらせたものである。しかし[[成帝 (漢)|成帝]]の時に中書謁者は廃止された。漢代は尚書が上奏を皇帝にみせるかどうかを決定する権限を握っており、皇帝が権力を強めようとする場合はこれに代わる秘書的な存在が必要となった。
 
==中書省の成立と宰相権限の獲得==