「フロント・ネックチャンスリー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
=== 派生技 ===
; タイガー・ドライバー<ref>[[佐山聡]]のタイガー・ドライバーは[[ワールドプロレスリング]]の実況アナウンサーの[[古舘伊知郎]]がつけた技名であるが一般に浸透せず、マスコミ等は通常通りの項目名の技名を使用していたことが多い。</ref>
: '''タイガー・ネックチャンスリー'''とも呼ばれる。[[佐山聡]]が[[タイガーマスク (プロレスラー)#初代|初代タイガーマスク]]の時代に開発したオリジナル技。片足を振り上げた勢いを生かして相手を後方へと反り投げるフロント・ネックチャンスリー・ドロップ。下記のハーフハッチ・スープレックスのフォームで投げることもあった。[[DDT (プロレス技)|DDT]]のように脳天を突き刺してしまう恐れもある危険性の高い技で佐山以外には付き人を務めた[[山崎一夫 (プロレスラー)|山崎一夫]]が受け継いで一時期使用していた。同名の技で[[三沢光晴]]が[[タイガーマスク (プロレスラー)#2代目|2代目タイガーマスク]]の時代に開発した[[パワーボム#タイガー・ドライバー|タイガー・ドライバー]]があり、現在では三沢版の方が著名と思われるが全く別の技である。なお、テレビゲーム『[[ファイヤープロレスリング]]シリーズ』では佐山の独特のモーションを再現した「タイガー・ネックチャンスリー・ドロップ」という技が登場する。
; ハーフハッチ・スープレックス
: 前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左脇の方から差し込んだ右手を相手の背中に添えて相手を抱えたまま[[ブリッジ (運動)|ブリッジ]]させ、後方に反り投げた相手の背中を叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪う。