メインメニューを開く

差分

→‎絶滅: 史klぽそぁじょつい
そのうち、確定的とされているのは巨大隕石の衝突である。[[1980年]]、地質学者の[[ウォルター・アルバレス]]とその父で物理学者の[[ルイス・ウォルター・アルヴァレズ|ルイス・アルバレス]]は、世界的に分布が見られる中生界白亜系と新生界古第三系を境する粘土層(通称[[K-T境界]]層)に含まれる[[イリジウム]]の濃度が他の地層の数十倍であり、かつ、イリジウムは[[地殻]]にはほとんど存在しないことから、これが隕石の衝突によってもたらされたものであると考え、大量絶滅の原因を隕石の衝突に求めた<ref>{{Cite journal|last=Alvarez|first=L.W.|authorlink=ルイス・アルヴァレズ|coauthors=Alvarez,W., et al.|year=1980|title=Extraterrestrial Cause for the Cretaceous-Tertiary Extinction|journal=Science|volume=208|issue=4448|pages=1095-1108|doi=10.1126/science.208.4448.1095}}</ref>。その後、[[1991年]][[メキシコ]]・[[ユカタン半島]]に、直径180キロメートルの巨大クレーター([[チチュルブ・クレーター]])が再発見され、このクレーターを形成した隕石の衝突が恐竜絶滅の原因だとする説が提唱された<ref>{{Cite book|和書|author = ジェームズ・ローレンス・パウエル|others = 寺嶋英志、瀬戸口烈司(訳) |title = 白亜紀に夜がくる-恐竜の絶滅と現代地質学|year = 2001|publisher = [[青土社]] |pages={{要ページ番号|date=2017年7月}} |isbn = 4791759079}}</ref>この説では、地球規模の大火災で[[生態系]]が破壊され、衝突後に生じた塵埃が大気中に舞い、日光を遮断することで起きた急速な[[寒冷化]]が絶滅の原因であると主張された(ただし異論を唱える学者もいる<ref>[[ムー (雑誌)]]2008年1月号、[[学研]]{{出典無効|date=2014-08}}</ref>)。
 
しかし一方で、衝突で大気中に浮遊した微小粉塵量を過大評価しているとし、寒冷化よりもむしろ衝突で大気中に浮遊した粉塵・衝突による巨大な森林火災の煤煙などが地表への太陽光をさえぎった結果、地上や海中の生態系が破壊され、[[食物連鎖]]の底辺の[[光合成]]を行う生物の様相が大きく変わり、隕石衝突の直接の影響を生き抜いた恐竜たちも餌の不足により絶滅したとする説明が提示されている。なお、東北大学は前述の説を支持する研究結果を出している<ref>[http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/07/press20160714-01.html 恐竜やアンモナイト等の絶滅は「小惑星衝突により発生したすすによる気候変動」が原因だった]東北大学公式ホームページ</ref>。また、隕石が南側に数百キロずれて衝突していたら恐竜は今も生き残っていたかもしれないとする研究結果もある<ref>[http://www.asahi.com/articles/ASKCH44QLKCHULBJ007.html 小惑星が少しずれていたら…恐竜生存? 東北大など発表]朝日新聞</ref>
 
隕石説と反対に、イリジウムの起源を地球内部に求め、当時活動していた[[デカントラップ]]などの[[噴火|火山活動]]が大量絶滅の原因であるとする「[[火山]]説」も複数の研究者により唱えられたが、[[2010年]]、Peter Schulte他40名の研究者により、チチュルブ・クレーターを形成した衝突が大量絶滅を引き起こしたと結論づけられた<ref>{{Cite journal|last=Schulte|first=Peter|others=Laia Alegret, Ignacio Arenillas, Jose A. Arz, Penny J. Barton, Paul R. Bown, Timothy J. Bralower, Gail L. Christeson, hilippe Claeys, Charles S. Cockell, Gareth S. Collins, Alexander Deutsch, Tamara J. Goldin, Kazuhisa Goto12, Jose M. Grajales-Nishimura, Richard A. F. Grieve, Sean P. S. Gulick, Kirk R. Johnson, Wolfgang Kiessling, Christian Koeberl, David A. Kring, Kenneth G. MacLeod, Takafumi Matsui, Jay Melosh, Alessandro Montanari, Joanna V. Morgan, Clive R. Neal, Douglas J. Nichols, Richard D. Norris, Elisabetta Pierazzo, Greg Ravizza, Mario Rebolledo-Vieyra, Wolf Uwe Reimold, Eric Robin, Tobias Salge, Robert P. Speijer, Arthur R. Sweet, Jaime Urrutia-Fucugauchi, Vivi Vajda, Michael T. Whalen, Pi S. Willumsen|year=2010|title=The Chicxulub Asteroid Impact and Mass Extinction at the Cretaceous-Paleogene Boundary|journal=Science|volume=327|issue=5970|pages=1214-1218|doi=10.1126/science.1177265}}</ref>。
匿名利用者