「レイノー病」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''レイノー病'''(レイノーびょう、{{lang-en-short|Raynaud's disease}})あるいは'''レイノー症候群'''({{lang-en-short|Raynaud syndrome、RS}})とは、[[レイノー現象]]を主徴とする[[症候群]]である。<br>原因の明らかでない原発性のものと[[膠原病]]に合併する二次性のものと区別される。<br>
<p>寒冷時や冷水につかったときに四肢末梢部、とくに両手指が対称的に痛み、[[しびれ]]感とともに蒼白、あるいは[[チアノーゼ]]などの[[虚血]]症状をきたす場合で、若年女子に多発する。原因は明らかでない。1862年に状態を記述した[[フランス]]の医師[[モーリス・レイノー]]([[:fr:Maurice Raynaud]])に因む。</p>
[[強皮症]][[混合性結合組織病]][[全身性エリテマトーデス]][[シェーグレン症候群]][[多発性筋炎]][[皮膚筋炎]]の患者でもレイノー現象が認められる。
==レイノー現象とは==
レイノー現象とは、[[手]]や[[足]]の指先の小さな[[動脈]]の血流不足が発作的に発生し、「冷感」や「皮膚色の変化」が現れることを指す。基礎疾患が不明な場合を「'''レイノー病'''」と呼ばれる。40歳以前の若年女子に多発する傾向にある。症状がこのレイノー現象のみである場合は、緊急処置を必要とすることはない。病院では両手を冷水に一定時間浸し、[[サーモグラフィ]]で体温の変化を見てレイノー現象と判断する検査がある。
[[秋]]から冬にかけて、また、春先の冷え込んだ時に多くみられ、重症の場合、指先の[[潰瘍]]や変形を起こすこともまれにある。
==治療==
薬物治療:プロサイリンの内服、アンプラーグ、エパデール、ユベラNが使用される事もある。重症例ではパルクスの静注を行うが不十分の場合は[[星状神経節ブロック]]を行う。最悪の場合切断となるが多くの例で薬物療法でコントロール可能。
<!-- == 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
68

回編集