メインメニューを開く

差分

 
== 概要 ==
[[日本]]では、法令上明確な[[国章]]は定められていないが、伝統的に[[天皇]]が[[紋章]]として使用し、今日でも[[皇室]]が事実上の[[家紋]]として使用している'''[[菊花紋章|十六八重表菊]]'''が、[[慣例]]として国章に準じた扱いを受けている<ref>[[商標法]] 第4条においては菊花紋は国旗と同列にて[[商標登録]]が禁止されている</ref>。国章のような扱いをしている事例としては、日本の[[在外公館]]では「菊の御紋」が掲示されている。また戦前においては、[[大日本帝国陸軍|旧陸軍]]の[[軍旗]]の竿頭と、[[大日本帝国海軍|旧海軍]]の[[軍艦]]首には菊の御紋が取り付けられたほか、郵便切手にも菊の御紋はあしらわれていた。
 
[[ファイル:JapanpassportNew10y.PNG|thumb|日本の旅券([[外務省]]発行)]]
2,829

回編集