「居酒屋タクシー」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 公務員の利用による倫理保持上の問題 ==
=== 概要 ===
日本の中央省庁等に勤務する職員([[国家公務員]]の一般職)は、予算編成や[[質問主意書]]や国会答弁の準備などで、深夜まで[[残業]]することが多く、勤務時間が[[終電]]後の時間帯に及んだ場合、公費で購入された[[タクシーチケット]]を使って帰宅することが出来る。かつては、その車中でタクシー運転手が[[缶ビール]]や肴などを、[[無料]]で提供するサービスが広く行われていた。この慣行は、リベート([[収賄]]や[[贈賄]])ないし国家公務員倫理規定の違反であるとして<ref>たとえば、『毎日新聞』の清水憲司、窪田弘由記らは「倫理規程は「利害関係者でなくとも、社会通念上相当と認められる程度を超えて供応や接待、財産上の利益を受けてはならない」と定めている。現金や金券の受け取りは規程に違反している可能性が高い」と解説している(『毎日新聞』2008年6月7日)</ref>、[[2008年]]([[平成]]20年)に、マスコミで批判的に報道され、[[長妻昭]]衆議院議員ら[[民主党 (日本 1998-2016)|民主党]]議員の集中的な追及を、国会で受けることとなった。
 
府省側の調査の結果、17省庁・機関の職員1402人が、[[ビール]]・金品などの提供を受け、そのうち3人が現金を、55人が[[金券]]([[商品券]]や[[図書券]]等)を受け取ったことが分かった<ref>「[http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20081201/116413/ 国交省、タクシー運転手11人を処分、乗客に現金/金券渡す道運法違反]」[[日経BP]]2008年12月1日</ref>。調査の過程で、正規の運賃より高額の請求を行う様に[[教唆]]した上で、差額の[[キックバック]]を要求する職員も居た事が明らかになっている。職員はタクシー運転手と懇意となり、[[日本の電話番号|電話番号]]を教え、特定のタクシーを呼び出して利用することで、贈与・接待を行ったタクシー事業者と結びついていた。利用者にとっても馴染みのタクシー運転手であれば、自宅住所やそこまでの道程を承知しており、その都度指示する必要が無くて、使いやすいという利点もあった。
匿名利用者