「イエスの幼少時代」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
==トマスによるイエスの幼時物語==
 
一般的に[[典]]とされている[[トマスによる福音書]]には、正典よりも多くイエスの幼少期の記述がある。
 
ルカ福音書は、その誕生物語の最後に、神殿における十二歳のイエスの物語を、イエスの少年時代のエピソードとして叙述している。ここでは誕生物語と、十二歳のイエスの物語との間は全く空白であり、ルカはそれを、「幼な子は成長し、知恵に満ちて力強くなり、神の恵みがいつもその上にあった。」(ルカによる福音書2.40、2.52)という句で埋めている。トマスによるイエスの幼時物語は、この空白を埋めようとしているように思われる。それは五歳から十二歳までのイエスの物語であって(五歳=2章、六歳=11章、八歳=12章、12歳=19章)、ルカ福音書の神殿における十二歳のイエスの物語で終わっている。<ref>「聖書外典偽典6」教文館 p117-118 本文抜粋</ref>