「グランツーリスモSPORT」の版間の差分

編集の要約なし
|Device = インターネットへの接続が必須<br />[[PlayStation VR]]対応
|Sale =
|etc = オフラインではアーケードモードしかプレイできず、データのセーブできない。
}}
『'''グランツーリスモSPORT'''』(グランツーリスモスポーツ)は、[[ポリフォニー・デジタル]]が開発し、[[ソニー・インタラクティブエンタテインメント]]より[[2017年]][[10月19日]]に発売された[[PlayStation 4]]用ゲームソフト。略称は『GT SPORT』。
 
== 概要 ==
『[[グランツーリスモ6]]』から約4年ぶりに発売される[[グランツーリスモシリーズ]]の作品で、初のPS4用作品。[[PlayStation VR]]にも対応する。また、シリーズ作として初めてオンライン"専用"となり、メイカーセトラルでキャンペーン車両の購入やスポーツモードなどをプレイするにはPS4をインターネットへ接続する必要がある。
 
通常版の他に各種[[ダウンロードコンテンツ]]やブックレットを同梱した限定版も同時発売される。また、[[PlayStation Store]]でのダウンロード版も配信。
:ブレーキやステアリング操作をアシストするオートドライブアシストを装備。プレイヤーの意思で自由にON/OFFすることができる。
;リバリーエディター
:ボディーのカラーリング、貼り付けするステッカーの配置、デザインを編集することが出来る機能。作成したリバリーはユーザー間で自由に共有することが出来る。2017年11月のアップデートでアップロード以外はオフラインでもできるようになった
 
== モード<ref>[http://www.gran-turismo.com/jp/products/gtsport/order/ http://www.gran-turismo.com/jp/products/gtsport/]</ref> ==
:本作より登場の[[E-Sports]]向けモード。[[国際自動車連盟|FIA]]公認の大会が開催される。公正なレースを行うために、同じ腕前やマナーのプレイヤー同士をマッチングさせる「アドバンスドマッチメイキング」システム、参戦マシンの性能を揃えるBoP(性能調整)システムが用意されている。
;アーケード・オープンロビー
:アーケードモードでは従来シリーズと同じAIとのレースやタイムトライアルができる。今作では自在なルール設定が楽しめるカスタムレースが追加された。ロビーでは従来通り自らルームを作ってレースを主催したり、他のプレイヤー主催のレースに参加、観戦することができる。なお、アーケードモードはオフラインでもプレイ可能
;キャンペーン
:レースに必要なスキルを習得できる「ドライビングスクール」、レースの楽しさが凝縮された「ミッションチャレンジ」、サーキット毎にブレーキングポイントやコーナーのラインどりを攻略できる「サーキット エクスペリエンス」それぞれ3つの違う趣向のモードを楽しむことができる。2017年11月のアップデートでオフラインでもプレイ可能になったがセーブにはオンライン接続が必要。2017年12月のアップデートで新たにGTリーグモードが追加される予定。
;スケープス
:従来作の「フォトモード」の進化系とも言えるモード。1000ヶ所を超える世界中で撮影された写真の中に車を配置することが出来る。写真は空間情報と光情報を持っているため、斜面であれば車モデルは傾き、光る物体があれば車モデルも光を反射し、単なる合成ではないリアルな写真を撮ることが可能となった。2017年11月のアップデートでオフラインでもプレイ可能
 
== 収録車種 ==