「アポフェニア」の版間の差分

m
'''アポフェニア'''({{lang-en-short|apophenia}})とは、無作為あるいは無意味な情報の中から、規則性や[[関連性]]を見出す[[知覚|知覚作用]]のことである<ref>『マンガでわかる行動経済学』2014年、[[サイエンス・アイ新書]]、88頁。</ref>。1958年にドイツ人の心理学者[[クラウス・コンラッド]]が[[統合失調症]]の[[前駆症状]]を詳細に記述し、患者が最初に妄想を経験したという事実を反映するために、(ギリシャ語のapo [離れた場所] + phaenein)新語を作り出した<ref>{{cite journal |last=Mishara |first=Aaron |title= Klaus Conrad (1905–1961): Delusional Mood, Psychosis and Beginning Schizophrenia. |year=2010 |journal=Schizophr Bull |volume=36 |number=1 |pages=9–13 |pmc=2800156 |pmid=19965934 |doi=10.1093/schbul/sbp144}}</ref>
 
ギャンブルなどのランダムな情報のパターンを模索する普遍的な傾向を暗示している。
[[File:fakeface.svg|thumb|right|僅かの顔の特徴で顔と認識する例]]
{{Main article|パレイドリア}}
無作為な画像または音の一種を示す。一般的な例は、無生物の顔認識である。自動車のヘッドライトやグリルに笑顔を、月に人の顔や兎を人を見出す<ref name="faces">{{cite news|url=https://www.nytimes.com/2007/02/13/health/psychology/13face.html|title=Facial Recognition – Brain – Faces, Faces Everywhere|publisher=New York Times|accessdate=3 July 2010 | first=Elizabeth | last=Svoboda | date=13 February 2007}}</ref> トーストや木の穀物に聖人の顔を認識する<ref>{{cite web|url=http://www.medical-answers.org/hd/index.php?t=Apophenia |archive-url=https://web.archive.org/web/20120322134729/http://www.medical-answers.org/hd/index.php?t=Apophenia |dead-url=yes |archive-date=2012-03-22 |title=Apophenia |publisher=Medical-answers.org |date= |accessdate=2011-06-29}}</ref>
===オーバーフィット===
[[統計]]や[[機械学習]]では、過剰適合として知られる例である。統計モデルが信号ではなくノイズに適合する場合に発生し、一般化可能なパターンが母集団でなく特定のデータまたは観測結果に合致する。
===ギャンブラーの誤謬===
{{main2|{{仮リンク|ギャンブラーの誤謬|en|Gambler's fallacy}}を}}
ギャンブラーは、[[富くじ]]、[[カードゲーム]]、[[ルーレット]]の数字から傾向を見出す<ref>{{cite web|author=May 28, 2007 at 9:49 pm |url=http://waterstone.wordpress.com/2007/05/24/apophenia-illusory-correlation/ |title=Apophenia & Illusory Correlation « Paul Xavier Waterstone |publisher=Waterstone.wordpress.com |date=2007-05-24 |accessdate=2011-06-29}}</ref>
 
===隠された意味===