「ボーア戦争」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[ファイル:South Africa late19thC map.png|thumb|250px|1840年ごろの南アフリカ{{legend|#25b032|[[トランスヴァール共和国]]}}{{legend|#ff6300|[[オレンジ自由国]]}}{{legend|#e71313|[[ナタール共和国]]}}{{legend|#3535b1|[[ケープ植民地]]}}]]
{{参照方法|date=2014年3月29日 (土) 10:36 (UTC)}}
'''ボーア戦争'''(ボーアせんそう、{{lang-en|First Boer War}}、{{lang-af|Eerste Vryheidsoorlog}})は、[[イギリス]]と[[オランダ]]系[[アフリカーナー]](ボーア人あるいはブール人とも呼ばれる)が南アフリカの[[植民地]]化を争った、2回にわたる戦争。'''南アフリカ戦争'''、'''南阿戦争'''、'''ブール戦争'''ともいう。イギリスは[[シネマトグラフ]]により、世界で初めてこの戦争を動画で記録した。イギリスは戦果をふまえ、オランダの背後にある[[ドイツ帝国]]を脅威と受け止めた。そして[[三国協商]]と[[日英同盟]]・[[日仏協商]]・[[日露協約]]による包囲網を急ピッチで完成させた([[三国同盟 (1882年)|三国同盟]]も参照)。それまでイギリスが[[栄光ある孤立]]を維持できたのは、[[ユグノー]]資本が民間レベルで列強の国際関係に干渉できたからである。しかしドイツの飛躍的な国力増大を前に、政治を利用した[[総力戦]]で伸張を阻む作戦が立った。
 
== 第一次ボーア戦争 ==
15,453

回編集