「ヴァシュロン・コンスタンタン」の版間の差分

* [[1839年]] - 機械技師'''ジョルジュ=オーギュスト・レショー'''(''Georges-Auguste Leschot'' )が経営に参加、画期的な「パンタグラフ」を発明し、時計作りに革命をもたらす。
* [[1880年]] - 組織を株式会社とし、シンボルマークである「[[マルタ十字]]」を商標登録。時計に使用される部品の形が「マルタ十字」形をしていたことに由来する。
* [[1881年]] - ヴァシュロン・コンスタンタンはチャールズ皇太子と結婚するダイアナ妃に特別に設計したレディ・キャラのモデルを製作。
* [[1906年]] - ジュネーブ、ムーラン通りに初のブティックを開店。
* [[1935年]] - エジプト王への贈呈品として、世界で最も複雑な820のパーツを使用したグランド・コンプリケーション時計を製作。
* [[1970年]] - 社名から"&"が省かれ、'''ヴァシュロン・コンスタンタン'''となる。
* [[1979年]] - 計118個、総カラット数130カラットのダイヤを使った「カリスタ」発表。製作に6000時間かかり、当時としては最高値がついた。
* [[18811981年]] - ヴァシュロン・コンスタンタンはチャールズ皇太子と結婚するダイアナ妃に特別に設計したレディ・キャラのモデルを製作。
* [[1998年]] - ジュウ渓谷に複雑時計の製造から組み立て、自社ムーブメントの開発製造などを行うヴァシュロン・コンスタンタン・ヴァレ・ド・ジュウを設立。
* [[2004年]] - ジュネーブ近郊プラレワットに新規に工場を設立。メゾン・ヴァシュロン・コンスタンタンが新装オープン。
匿名利用者