「鬼怒川温泉」の版間の差分

== 課題点 ==
{{独自研究|section=5|date=2012年1月}}
全国の大規模温泉[[旅館]]は不振が続き、[[バブル経済|バブル崩壊]]後は団体旅行(特に会社の慰安旅行)の減少、レジャーの多様化、[[円高]]に伴う[[海外旅行]]の一般化などの構造的要因もあって、全国的に温泉街全体が経営的に一層苦しくなっている中、鬼怒川温泉も例外ではない。むしろく、[[熱海温泉]]や[[別府温泉]]と並んで不振の代表格とされたことすらあった。さらに、同じ東京近郊立地の温泉地である[[箱根温泉]]に比べると、アクセスがやや不利で、集客にハンディがあった。またうえ、[[東北新幹線]]の拡充・延伸や航空運賃の低下に伴う[[東北]]・[[北海道]]など北日本各地の観光地・温泉地との地域間競合、円高や[[格安航空会社|LCC]]の出現による観光客の海外流出([[中京圏|中京]]や[[近畿地方|関西]]といった遠方からだと日光・鬼怒川に行くよりもむしろ海外に行く方が安い場合が多い)も不振に繋がる要因であった。
 
内的なものとしては、会社などの団体客相手中心に主要顧客とてい時代の設備のままの経営や硬直的で割高な料金設定(ホテル・民宿ほぼすべて同じ料金に設定していた時期もあった)を後々まで続けていたことなども不振を促進させた理由あることは否めない。将来の[[リピーター]]となる可能性のある[[一人旅]]の人や若年層の観光促進の問題など勘案す長年逃し続け原因、先行きはまだまだ不透明であるもなった
 
== 現状 ==