「源義忠暗殺事件」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[嘉承]]元年([[1106年]])7月1日に[[河内源氏]]の棟梁[[源義家]]が没すると、河内源氏の棟梁は義家の三男義忠が継いだ。それから3年後の天仁2年(1109年)2月3日夜、義忠は何者かに斬りつけられ、2日後に死亡してしまった。
 
犯人は[[美濃源氏]]の[[源重実]]とされ[[左大臣]][[源俊房]]の邸内で[[検非違使]]によって逮捕されたが無実であるのが判明した。すると、今度は義家の弟である源義綱とその三男の[[源義明]]が犯人、黒幕であると目されて[[朝廷]]から嫌疑を受けた。なぜこうなったかと言うと義忠に大けがを負わせた刀が現場に残されており、これが義明のものだと判明したからである。そして、その実行犯は義明の乳母夫であり[[滝口]]である[[藤原季方]]であると決めつけられた。
義綱はこれに怒った。嫡男[[源義弘|義弘]]をはじめとする5人の息子達もこれに怒り、抗議の意を込めて父子そろって義綱の弟[[源義光]]の所領である[[近江国]][[甲賀郡]]の甲賀山(鹿深山)へ立て籠もるという行動をとった。その際、義明は病の為に皆と行動を共にせず、藤原季方の館に籠った。