「一国社会主義論」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==世界革命論から一国社会主義論へ==
[[十月革命]]を成功させて権力を獲得した[[ボリシェヴィキ]]は、ロシア革命がただちにヨーロッパ革命を呼び起こすことを期待した。1917年10月25日、[[サンクトペテルブルク|ペトログラード]][[労働者]]・兵士代表ソビエトは「われわれが社会主義の大業を完全かつ強固な勝利をおさめるまで遂行するのを、[[西ヨーロッパ]]諸国のプロレタリアートがたすけるものと確信している」<ref>『レーニン全集』第26巻、大月書店、1958年、246ページ</ref>というレーニンの決議文を採択した。
 
しかしヨーロッパでの革命運動は次々に敗北し、[[ウラジーミル・レーニン]]が死んだ1924年の時点で革命の展望はほとんどなくなっていた。レーニン死後の権力闘争の中で、スターリンはトロツキーの永続革命論に対する批判を開始し、ロシア一国で社会主義建設が可能だとする一国社会主義論をつくりあげていった。
 
{{quotation|トロツキーの理論は、一国における、しかも、おくれている一国における社会主義の勝利は、「西欧の主要な国々で」プロレタリア革命がまえもって勝利するのでなければ不可能であるという、メンシェヴィズムのありきたりの理論と、どこがちがっているか。<br />
 
本質的には、ちがったところは、なにもない<ref>スターリン「十月革命とロシア共産主義者の戦術」、『スターリン全集』第6巻、大月書店、1952年、396ページ</ref>}}
 
スターリンは「一国だけの力で社会主義を建設しとげることができるかという問題」と「プロレタリアートの独裁をかちえた国は、他の一連の国々で革命が勝利しなくても、外国の干渉から、したがってまた、古い制度の復活からまったく安全であると考えることができるかという問題」を分離し、後者は否定したが前者は肯定した<ref>スターリン『レーニン主義の諸問題によせて』、『スターリン全集』第8巻、大月書店、1952年、85ページ</ref>。一国での社会主義の勝利を「わが国の内部の力で、プロレタリアートと農民とのあいだの矛盾を解決すること」<ref>スターリン『レーニン主義の諸問題によせて』、『スターリン全集』第8巻、大月書店、1952年、89ページ</ref>という国内の問題として見なしたことによる。