「マルクス・アティリウス・レグルス (紀元前294年の執政官)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (BOX追加など)
m
 
==経歴==
レグルスは[[紀元前295年]][[センティヌムの戦い]]([[サムニウム戦争#第3次サムニウム戦争|第三次サムニウム戦争]])において、勝利のために「自らを犠牲として神に捧げた」<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 26-30</ref>プレブス出身の[[プブリウス・デキウス・ムス2世 (紀元前312年の執政官)|プブリウス・デキウス・ムス]]の後任として、翌年の執政官に就任した。
 
紀元前294年、執政官としてレグルスは[[サムニウム]]および[[アプリア|プッリャ州]]と戦い、インテラムナ([[:en:Interamna Praetutiana|en]])で勝利した。[[ティトゥス・リウィウス]]は[[凱旋式]]の実施は[[元老院]]から拒否されたとしているが<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 32-33、35-36</ref>、[[凱旋式のファスティ]]にはレグルスが凱旋指揮を実施したと記録されている<ref>[http://www.attalus.org/translate/fasti.html#p100 ''Fasti triumphales'']</ref>。
{{s-start}}
{{s-off}}
{{s-bef|before=[[クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルリアヌス|クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルッリアヌス]] V<br />[[プブリウス・デキウス・ムス2世 (紀元前312年の執政官)|プブリウス・デキウス・ムス]] IV}}
{{s-ttl|title=[[共和政ローマ執政官一覧|執政官]]|years=''同僚:[[ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルス (紀元前305年の執政官)|ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルス]]''<br />[[紀元前294年]]}}
{{s-aft|after=[[ルキウス・パピリウス・クルソル]]<br />[[スプリウス・カルウィリウス・マクシムス]]}}