「太巻き祭り寿司」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
高菜や薄焼き卵が使われるなど材料や作り方が一般の寿司とは若干異なるが、[[江戸時代]]に海苔は農家が手に入れられるようなものではなく、自家栽培の高菜(実際には千葉の野菜は大葉あるいは[[カラシナ|からし菜]]と呼ばれる高菜と同類の別品種)が使われた。その後も入手し難くいことに変わりなかった海苔ばかりでなく、飼っている[[ニワトリ]]の産んだ[[鶏卵]]で作った薄焼き卵も使われ、特に外側を巻くのに薄焼き卵が使われた。現在は干瓢が使われるが、これも昔は干した[[芋茎]]が使われた。しかし、貴重品であった[[砂糖]]は多めに使われた。もてなし料理であることに加え、糖分の作用で[[デンプン]]の老化を遅らせすし飯が固くなるのを防ぎ、日持ちを良くするのに役立つからである<ref name="ha" />。お客のお土産に持たせ、持ち帰ったものを翌日に食べることもでき、何かの[[イベント]]の時に作られることが多いが、前日に作っておけば当日は作り手もイベントに参加できる利点もある。
 
==大東まつり寿司==
[[沖縄県]]の[[大東諸島]]にも、卵焼きで巻くなど千葉県のものと酷似した太巻き寿司が存在する。大東島は主として[[八丈島]]からの移民によって開拓された島であるが、関連性や伝搬の経緯などは不明である。
 
== 脚注 ==
匿名利用者