「中央自動車道切り通し爆破事件」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
1989年2月24日午後1時54分、[[中央自動車道]]の下り線の切り通し(東京都調布市深大寺南町1丁目)が突然爆発し、土砂約4トンが下り線を塞いだ。ちょうど30分後に昭和天皇の棺を乗せた葬列が中央自動車道経由で[[武蔵陵墓地|武蔵野陵]]に向かう予定であった。
 
[[警備]]中の[[機動隊]]は直ちに土砂の除去作業を行い、葬列を無事に通過させることができた。
 
その後の現場検証で、消火器の破片や[[リード線]]が見つかったため、[[警視庁]][[警視庁公安部|公安部]]は、消火器爆弾を土手に埋めて爆発させた新左翼による爆弾テロ事件と断定した。
 
2月28日、革労協解放派は、拠点校の[[駒澤大学]]で犯行声明文をばら撒き、自党派によるテロ事件であることを認めた。