「ミー・アンド・マイガール」の版間の差分

[[ロンドン]]の下町・ランベスで育った名門貴族の御落胤ビルが、後継ぎとして一人前の紳士に仕立てられる。そして彼の同じくランベスの恋人サリーは、ビルの伯母にあたるマリアから、下町出身ということや礼儀作法がなっていないことなどで認めてもらえない上、その一人前になっていくビルを見て、サリー自身も「自分は釣り合わない」と思い、ランベスに帰ってしまった。そこでビルの伯父にあたるジョン卿が、サリーも一人前のレディにすることで、マリアに認めてもらうことができ、晴れてビルとサリーはお屋敷で共に暮らすことができるようになった、という物語。[[イギリス]]のミュージックホールの音楽をベースにしたテンポの良い音楽、小気味よいタップダンス、出演者が客席で歌い踊る場面などで構成された娯楽作品。
 
[[1937年]]に英ロンドンで初演され、『[[マイ・フェア・レディ]]』の男性版とも言われる(だが、結局最後にはビルもサリーもそれぞれ一人前の紳士淑女になるので、男女共である)。因みに、名前のみ出てくるが、「マイ・フェア・レディ」の主人公ともいえる「ヒギンズ教授」がサリーを一人前のレディにしたという設定になっている。コメディアンのルピノ・レインに当て書きされたとされ、初演ではルピノ自身が主役のビルを演じた。ルピノの体当たり演技が評判となり[[ロングラン公演]]となった。ルピノは[[1937年]]の初演をはじめ、[[1941年]]、[[1945年]]、[[1949年]]と再演版でもビル役を務めている。
 
[[1985年]]リバイバル上演ではロバート・リンゼイが主役のビルを担当。[[1986年]]には、米ニューヨークの[[ブロードウェイ|ブロードウェー]]にも上陸した。
196

回編集