「取」の版間の差分

(en:Upādānaから)
|si=[[:si:උපාදාන|උපාදාන]]
}}
'''取'''(しゅ)とは、[[サンスクリット語]]および[[パーリ語]]の'''ウパーダーナ'''({{lang-pi-short|upādāna}})に由来する言葉であり、「ある活動を活性化させ維持させる源や手段となる、燃料、物質的原因、気質」という意味である<ref name="DavidsStede1921p149">{{cite book|author1=Thomas William Rhys Davids |author2=William Stede |title=Pali-English Dictionary |url=https://books.google.com/books?id=0Guw2CnxiucC |year=1921|publisher=Motilal Banarsidass |isbn=978-81-208-1144-7 |pages=149 }}</ref><ref>{{cite book|author=Monier Monier-Williams |title=A Sanskrit-English Dictionary |url=https://books.google.com/books?id=_3NWAAAAcAAJ |year=1872|publisher=Oxford University Press |pages=171 }}</ref>。英語では'''アタッチメント'''(attachment)とされる。
 
これは'''[[トリシュナー]]'''(tṛṣṇā、'''渇愛''')の結果として生じるものであり、[[煩悩]]の一種とされる <ref>{{Cite |和書|title=完全図解 仏教早わかり百科 |date=1999-12-01 |author=ひろさちや |isbn=978-4391123951 |page=38}}</ref>。それを克服する手法として[[デタッチメント]]が挙げられる。取の放棄こそが[[涅槃]]への道である
 
==十二因縁==
{{十二因縁}}
[[十二因縁]](十二縁起)において、「取」は9番目に登場する。
 
{{-}}
==四取==
8,337

回編集