「北朝鮮漂流船問題」の版間の差分

編集の要約なし
(1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.4))
編集の要約なし
 
日本と北朝鮮は非公式協議で帰国手続きを取ることで合意<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120109-OYT1T00471.htm 漂流船の3人、北朝鮮に帰国へ…中国で引き渡し] 読売新聞 2012年1月9日</ref>。[[1月9日]]に3人は[[福岡空港]]から北京を経由して北朝鮮に帰国した。[[1月19日]]に成人男性の1遺体は[[日本赤十字社]]の手で火葬され、遺骨が[[在日本朝鮮人総連合会]]に引き渡された。
 
==漂流船の数==
[[2014年]]からの3年間で、日本に到達した[[朝鮮半島]]からと推定される漂流船の件数は176件(政府[[答弁書]]による)<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2454965012122017PP8000/ 漂流船対策、首相「万全期す」半島から176件] 日本経済新聞(2017年12月12日)2017年12月22日閲覧</ref>。[[2017年]]は、例年にない増加数で同年12月21日までの漂着船の件数は96件(海上保安庁調べ)となっている<ref>[https://mainichi.jp/articles/20171222/k00/00e/040/316000c <環境省>漂着北朝鮮船、処理は全額国費負担へ] 毎日新聞(2017年12月22日)2017年12月22日閲覧</ref>。
 
==脚注==