「旭酒造 (山口県)」の版間の差分

削られている部分を戻す
(「新聞広告」節を概要に内包した上で加筆)
(削られている部分を戻す)
他にも、酒米の王様と呼ばれる[[山田錦]]を最大168時間かけて精米し、日本最高水準の精米歩合23%の純米大吟醸を作ったり、[[もろみ]]から[[絞り#「絞る」と「搾る」|圧搾]]せず[[遠心分離器]]にかけて無加圧状態で酒を分離した日本酒など、ほかでは見られない製法による酒を製造している(通常の圧搾による抽出の酒も造っている)。また、[[シャンパン]]以上に発泡性が高い[[発酵]]途上の濁り酒([[発泡日本酒]])や、[[燗酒]]に適した醸造を施した純米大吟醸(吟醸酒は本来は冷酒で飲まれるのが一般的)などの変わり種も製造している。
 
販売方法(流通)も他の日本酒とやや異なっており、酒問屋(酒販卸)を通さず、販売時の品質管理を適正に行うことが出来ると認定した正規取扱店約630店舗に直接卸す方法を採用している。しかし、人気に比して流通量が潤沢でなかったこともあり、正規取引店でない酒販店や百貨店、スーパーなどが希望小売価格の数倍の値段で販売している実態があったことから、2017年12月10日付の読売新聞朝刊に「お願いです。高く買わないでください」と,適正価格での購入を訴え、正規取扱店全店の一覧を掲載した全面広告を出す事態となった<ref>{{Cite news|url=http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1712/11/news070.html|title=「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?|author=加納由希絵|newspaper=[[ITmedia]]ビジネスオンライン|date=2017-12-11|accessdate=2017-12-24}}</ref>。この広告について、桜井社長は「消費者に美味しい状態で飲んでもらうため、獺祭は酒問屋を介さずに、温度管理を徹底している契約店に直接卸している。だが、一部の販売店が転売業者に流しており、マージンを取って3倍以上の値段で販売されている現状がある。法的な処置は難しいので、高く買わないでくださいとお願いするしかない」と話している<ref>[https://abematimes.com/posts/3395520 「高く買わないでください」 "獺祭"社長が騒動後初の生出演で悲痛激白!]</ref>。
 
2017年12月、[[アメリカ合衆国]]の[[料理学校]]・[[カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ]]と提携して[[ニューヨーク]]に酒蔵を建築する事を発表。現地生産の米を使用し、「獺祭」とは別ブランドの中間価格帯の日本酒の生産を目指すという<ref>{{Cite press release|url=https://www.asahishuzo.ne.jp/info/information/item_2797.html|title=旭酒造ニューヨーク酒蔵プロジェクトについて|publihser=旭酒造|date=2017-12-16|accessdate=2017-12-24}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24521400S7A211C1AM1000/|title=「獺祭」名乗らず米国生産 旭酒造、NY州に酒蔵 |newspaper=日本経済新聞|date=2017-12-12|accessdate=2017-12-24}}</ref>。
1,271

回編集