「原始星」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (robot Adding: es)
m
暗黒星雲が近くの[[超新星]]爆発などによる衝撃波を受けるとそれによって物質の濃淡ができる。濃くなった部分は重力が強くなるので、周囲の物質を引きつけさらに物質の濃度が濃くなる。するとさらに重力が強くなり加速度的に濃度が濃くなっていく。このようにして原始星が誕生する。
 
原始星には周囲からさらに物質が集積してくるので、[[降着円盤]]が形成され、原始星に取り込まれきれなかった物質は円盤に垂直な方向へ[[宇宙ジェット]]として放出される。この宇宙ジェットが周囲の星雲の物質と衝突して輝いているのが[[ハービッ・ハロー天体]]である。
 
原始星には周囲の物質が超音速で落下していき衝撃波面が形成されている。その面で落下物質の運動エネルギーが一気に熱に変わっている。そのため、原始星は[[主系列星]]よりも非常に明るく輝いている。この時は原始星はまだ周囲を暗黒星雲に覆われているため、星雲の外からは可視光では観測できず[[赤外線]]だけが観測される。この状態はそれを理論的に導出した[[林忠四郎]]にちなんで'''ハヤシ・フェイズ'''と呼ばれる。
1,548

回編集