「山口大輔」の版間の差分

→‎来歴: <br>除去
(→‎来歴: <br>除去)
 
== 来歴 ==
中学時代にバスケットボールを始め、バスケットボールを続けるうちに将来はスポーツに関わる仕事をしたいと思うようになる。<br />
 
[[NBA]]のスタープレーヤーである[[マイケル・ジョーダン]]や、人気コミック「[[スラムダンク]]」等に影響を受け、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]へ行きたいと強く願うようになり、[[福岡県立修猷館高等学校]]を卒業後、[[アスレティックトレーナー]](AT)を目指して渡米。<br />
[[ペンシルベニア州カリフォルニア大学]]大学院修了後、インターンやボランティアとしてNBAや[[NFL]]の現場を経験した後、2007年夏よりNBAの[[サンアントニオ・スパーズ]]と契約を果たし、2013-2014シーズンは同チームのNBA優勝を支えた。<br />
 
[[ペンシルベニア州カリフォルニア大学]]大学院修了後、インターンやボランティアとしてNBAや[[NFL]]の現場を経験した後、2007年夏よりNBAの[[サンアントニオ・スパーズ]]と契約を果たし、2013-2014シーズンは同チームのNBA優勝を支えた。<br />
 
2014年に帰国後は、「WATCH&C PERFORMANCE」と題したクリニック(臨床講義・トレーニングイベント)を、全国で精力的に展開。呼吸、姿勢、体幹等へのアプローチを通してより良い身体の使い方と動かし方とはどういったものか体感してもらい、それをバスケットボールの動きに活かせるよう指導している。指導をする中でわかりやすい英語も要所に取り入れる事で英語への抵抗を減らし、よりグローバルに物事を考えられるような意識作りも目指している。正しく身体を使う事により怪我を予防してパフォーマンスを向上させる事、英語を使い、楽しみながら人間としての幅を広がせる事をコンセプトとしている。
 
40,491

回編集