「ガッラ・プラキディア」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
プラキディアは、テオドシウス1世の将で[[ヴァンダル人]]の[[スティリコ]]とその妻セレナのもとで育った。スティリコは[[西ローマ帝国]]で事実上の軍のトップとなっており、彼自身によれば[[東ローマ帝国]]でもそうであった。408年、スティリコはホノリウス帝に処刑されたが、プラキディアの同意があったか、少なくとも異論なしだったとされる。スティリコの死により、非[[イタリア人]]のローマの将兵が[[西ゴート王国|西ゴート]]の[[アラリック1世]]の陣営に移り、アラリックの軍はすぐさま[[イタリア]]を[[侵略]]した。
 
409年か410年、アラリックによるローマ攻囲の間に、プラキディアは西ゴートの捕虜となった。西ゴート軍による[[ローマ略奪 (410年)|ローマ略奪]]の間(410年8月24日からの3日間)もプラキディアは連行され、イタリア中をさまよったが、アラリックが死ぬと[[ガリア]]に移された。
414年1月、プラキディアはアラリックの弟で、その死後に西ゴートの王となった[[アタウルフ]]と[[ナルボンヌ]]で結婚した。歴史家の[[ヨルダネス]]は、二人は411年に[[フォルリ]]で結婚したとしている。ヨルダヌスによる日付は、彼女とアタウルフが事実上の結婚を済ませたときであると思われる。プラキディアが生んだ息子はテオドシウスと名付けられたが、幼児のうちに死に[[バルセロナ]]に埋葬された。のちにその遺体はローマの[[サン・ピエトロ大聖堂]]にある皇帝の霊廟に移された。アタウルフは自分が殺害したゴート人の[[首領]]の部下に襲われて重傷を負い、415年の夏、いまわの際にプラキディアをローマ人のもとへ返すよう命じた。416年、ゴート王[[ワリア]]はローマ人と条約を結んで支持を得る見返りに、彼女を返還した。
 
417年1月、兄ホノリウスに強制され、プラキディアは[[将軍]]コンスタンティウス([[コンスタンティウス3世]])と結婚した。2人の間には[[ウァレンティニアヌス3世]]となる息子と、娘[[ユスタ・グラタ・ホノリア]]が生まれた。421年、コンスタンティウスは短期間皇帝となるが、すぐに死去した。今度は兄ホノリウス自身が求婚しによって共同皇帝に任命されたが、彼女東ローマ帝国子供達を連れて[[コンスタンティノポリ]]に逃れの皇帝称号を僭称として認めなかった。ホノリウ激怒したコンが423年に死ぬと、{{仮リンク|ヨハティウ|en|Joannes}}が皇帝は軍団名乗り、組織して[[フラウィウコン・アエタンティウスノープル]]へ攻め込もう同盟を組むした鎮圧され、425年遠征の準備が整う前に死亡した。そのためプラキディアの息子がは西側では[[アァレンティニグスタ]]とされ、東側ではウグ3世タの僭称者して帝位に就いされた。
 
コンスタンティウスが死ぬと、今度は兄ホノリウス自身が求婚したが、彼女は子供達を連れて[[コンスタンティノポリス]]に逃れた。423年にホノリウスが死ぬと、西ローマ帝国では{{仮リンク|ヨハンネス|en|Joannes}}が皇帝に即位した。しかし東ローマ帝国の[[テオドシウス2世]]が、ゲルマン人の将軍アスパルに命じて西ローマ帝国を襲撃させ、皇帝ヨハンネスや西ローマ帝国の主だった高官らは425年7月までに概ね殺害された。テオドシウス2世は同年10月23日にプラキディアの幼い息子[[ウァレンティニアヌス3世]]を自身の傀儡として西方正帝の座に据えた。
彼女は、最初は息子の名の下に統治を行おうとしたが、彼女に忠誠を誓う将軍が死んだりアエティウスになびいたりするにつれ、帝国の政治は彼の手に落ち、アエティウスは貴族となった。プラキディアは見かけはアエティウスと友好関係を保った。アエティウスはのちに西ローマ帝国を[[アッティラ]]率いる[[フン族]]から防衛する中心となる。アッティラは狙いをコンスタンティノポリスからイタリアに向けたが、それはプラキディアの娘ホノリアからの愚かな手紙のためであった。450年の春、ホノリアはアッティラに、プラキディアを含む皇族が元老院議員との結婚を強制するので、自分を救い出してほしいと送ったのである。プラキディアの最後の行動は、息子のウァレンティニアヌス3世に、ホノリアを殺すよりも追放するよう説得したことである。450年11月にプラキディアは死去し、451年から453年のアッティラによるイタリア略奪を見ることはなかった。アッティラはホノリアの手紙を「合法的な」要請としたが、略奪はゴート人によるものよりも残虐なものであった。
 
彼女は、最初は息子の名の下に統治を行おうとしたが、即位の経緯からプラキディアとウァレンティニアヌス3世は西ローマ帝国の人々から憎悪の対象とされた。彼女に忠誠を誓う将軍が死んだり蛮族出身の[[フラウィウス・アエティウス]]になびいたりするにつれ、帝国の政治はアエティウスの手に落ち、アエティウスは[[パトリキ|ローマ貴族]]なり後には[[執政官]]ともなった。プラキディアは見かけはアエティウスと友好関係を保った。アエティウスはのちに西ローマ帝国を[[アッティラ]]率いる[[フン族]]から防衛する中心となる。アッティラは狙いをコンスタンティノポリスからイタリアに向けたが、それはプラキディアの娘[[ユスタ・グラタ・ホノリア|ホノリア]]からの愚かな手紙のためであった。450年の春、ホノリアはアッティラに、プラキディアを含む皇族が元老院議員との結婚を強制するので、自分を救い出してほしいと手紙と指輪を送ったのである。プラキディアの最後の行動は、息子のウァレンティニアヌス3世に、ホノリアを殺すよりも追放するよう説得したことである。450年11月にプラキディアは死去し、451年から453年のアッティラによるイタリア略奪を見ることはなかった。アッティラはホノリアの手紙を「合法的な」要請としたが、略奪はゴート人によるものよりも残虐なものであった。プラキディアが死ぬと西ローマ帝国の人々の憎悪はウァレンティニアヌス3世へと集中した。後にウァレンティニアヌス3世が教会前の広場で暗殺されたとき、その場に居合わせた西ローマ帝国の人々のなかに皇帝を助けようとする者は誰もいなかった。
 
プラキディアは一生を通じて敬虔な[[カトリック教会|カトリック]][[教徒]]で、後年には[[ラヴェンナ]]でいくつかの[[教会]]に寄進を行った。ラヴェンナの[[ガッラ・プラキディア廟堂]]は、1996年に[[国際連合教育科学文化機関|ユネスコ]]によって[[世界遺産]]に登録されている。
匿名利用者