「レジェンド/光と闇の伝説」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
| 制作 || || ザック・プロモーション
|-
| 初回放送 || || 1989年6月11日<br>『[[日曜洋画劇場]]』<ref>{{efn|ノーカット<br>[[BD]]収録</ref>}}
|}
 
 
上記のとおり不遇な経緯のある本作だが、一方で、ロブ・ボーティンの特殊メイクによるクリーチャーの評価は高く(アカデミー賞メイクアップ賞ノミネート)、ティム・カリーが演じた闇の王ロード・オブ・ダークネスは米Yahoo!ムービーの「偉大な映画のクリーチャー20」にも選ばれ、現在でも関連商品がリリースされるなど人気が高い。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
{{Notelist}}
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==