「円記号」の版間の差分

→‎日本語用文字集合への収録: 存在しないテンプレートを修正
(→‎現実的解決: 円記号問題による、Windowsでのディレクトリー階層の表示について加筆)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎日本語用文字集合への収録: 存在しないテンプレートを修正)
[[日本語]]用の[[符号化文字集合]]規格である[[JIS X 0201]]では、円記号は[[十六進記数法#表記方法|0x]]5C番地に割り振られている。
 
JIS X 0201は、[[アメリカ合衆国]]で制定された符号化文字集合の[[ASCII]]を拡張し[[国際規格]]とした [[ISO/IEC 646]] に準拠している。ISO/IEC 646は128文字分の領域を持つ符号化文字集合だが、このうち12文字は各国で自由に決めてもよい領域である。JIS X 0201 円記号が割り当てられた0x5C番地はこの12文字の1つであり、ASCIIでは[[バックスラッシュ]] ({{backslash}}) 記号が割り当てられていた。よって、[[バックスラッシュ]]({{backslash}})が[[ディレクトリー]]([[フォルダー]])の[[階層]]([[フォルダーパス]])を示す記号として用いている、[[MS-DOS]]、そして、事実上のその後継OSとなった[[Windows]]の各日本語版では、[[ディレクトリー]]([[フォルダー]])の[[階層]]([[フォルダーパス]])を示す記号が、[[バックスラッシュ]]({{backslash}})ではなく、円記号となっている。なお、インターネット上の[[URL]]については、[[MS-DOS]]、[[Windows]]ともに、英語版同様、[[スラッシュ (記号)|スラッシュ]]({{slash}}/)を用いている。
 
従って、ASCIIなどで記述された文書を JIS X 0201 によるものと解釈して読むとバックスラッシュ ({{backslash}}) が円記号 (¥) に[[文字化け]]することとなり、逆もまた同様である。現在広く用いられている日本語用文字コードの[[Shift_JIS]]などにも JIS X 0201 に基づく部分があり、それらでも同じ現象が発生する。
19,541

回編集