「レイノー病」の版間の差分

m
==レイノー現象とは==
レイノー現象とは、[[手]]や[[足]]の指先の小さな[[動脈]]の血流不足が発作的に発生し、「冷感」や「皮膚色の変化」が現れることを指す。基礎疾患が不明な場合を「'''レイノー病'''」と呼ばれる。40歳以前の若年女子に多発する傾向にある。症状がこのレイノー現象のみである場合は、緊急処置を必要とすることはない。病院では両手を冷水に一定時間浸し、[[サーモグラフィ]]で体温の変化を見てレイノー現象と判断する検査がある。<br>
<p>レイノー症候群、皮膚のかゆみ、疲労、高脂血症、動脈硬化症、充血、貧血、皮膚・粘膜・爪・口唇・目の周囲などの暗赤色化、鮫肌、出血傾向、あざができやすい、じく血(鼻血)、嘔吐、血尿、筋肉痛、吐き気、胃重感及び不眠などにみられる血流障害など、血流の低下に係わる種々の症状又は疾患。</br></p>
 
==原因==
68

回編集