「ディック (ファイナンス)」の版間の差分

編集の要約なし
(リンク、冗長)
編集の要約なし
[[File:Sarakin,サラ金、消費者金融雑居ビル、北海道6170117.JPG|thumb|260px|right|他の[[消費者金融]]と競合するように出店していた頃の店舗。左端の[[オレンジ色]]の[[看板]]([[北海道]])]]
 
ディックファイナンス株式会社は[[1974年]](会社設立は[[1975年]])に[[ダイエー]]グループ入りした消費者金融会社で、[[大阪市]]に本社を置き店舗網も[[大阪府]]を中心としていた。ダイエーの関連会社から融資を受けていたが、焦げ付いたため会社ごと引き取られた。<ref>https://presidentstore.jp/books/products/detail.php?product_id=1538 中内功のかばん持ち
</ref>
 
ダイエーグループ再建の一環として過程で黒字の事業ではあったがサラ金批判などが高まっていた事もあり[[1998年]]に株式が[[フォード・モーター]]の金融子会社[[アソシエーツ・ファースト・キャピタル]](AFCC)へ売却され、[[2000年]]にAFCC がフォードから[[シティグループ]]へ売却されてシティ傘下となる。[[2002年]]に電話担保金融業者の[[マルフク (貸金業)|株式会社マルフク]]から店舗、債権等を譲受する。
 
[[2003年]]1月にシティグループの消費者金融3社が経営統合され、存続会社をディックファイナンスとして新たに「CFJ株式会社」が発足し、「ディック」は新会社のブランドの1つとなった。
16

回編集