「衛臻」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m
[[曹丕]]が王位に就くと散騎常侍に、また帝位に就く(文帝)と安国亭侯に封じられた。曹操期以来の群臣達が魏を称える一方で、後漢の徳を口々に貶したが、衛臻だけは禅譲の徳義を理由に後漢の徳を称えた。曹丕は衛臻を称え、[[献帝 (漢)|山陽公]]と同様の扱いにすべきだとし、[[尚書]]に昇進させ、[[侍中]]・[[吏部]]尚書に転任させた。
 
曹丕が[[広陵郡|広陵]]に遠征したときは、中領軍代行として随行した。[[曹休]]が[[呉 (三国)|呉]]の降服者より入手した[[孫権]]の動静情報について、「それは偽りなのではないか」と意見した。後に衛臻の意見が正しかったことが判明している。
 
月日はながれ、曹丕は[[曹霖]]を寵愛するようになっていた。ある時、曹丕は衛臻に対し、[[平原郡|平原]]侯となっていた曹植について尋ねた。衛臻は曹植の徳について称えたが、決して曹霖のことについては口に出さないようにした。
[[曹叡]](明帝)の時代には、康郷侯に爵位が進んだ。尚書僕射に移り官吏の登用を担当し、侍中の官位も再び加えられた。[[蒋済]]と人事について意見を交わした形跡がある。
 
鎮まり返っていた[[蜀漢]]が、[[諸葛亮]]を先頭に[[天水郡|天水]]に侵略([[北伐]])してくると、衛臻は兵を派遣して糧道を断つよう進言した。さらに征蜀将軍・仮節[[都督]][[涼州]]諸軍事に任命され、[[長安]]に向かったが、長安に着いた頃に蜀軍が撤退したため、そのまま帰還した。衛臻は帰還すると元の職に復帰し、[[光禄大夫]]に任じられた。
 
曹叡が宮殿造営に熱中するようになると、衛臻は厳しくこれを諌めた。また、殿中監が勝手に蘭台令史を逮捕する事件が起きると、殿中監を厳しく追及し、曹叡の干渉にも毅然と反論した。