「腹腔鏡手術」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
腹腔鏡手術は開腹手術に比較し傷は小さく、美容面に優れるといった利点をもつ一方で、[[触覚]]の消失、[[深部感覚]]の消失<ref>平面ディスプレイに拡大された画面を見ながら行うので、遠近感が掴み難い</ref>など<ref>[http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/surg1.dir/html/shinryo/laparoscopy.html 腹腔鏡下手術]</ref>特殊な環境下で行う手術であるため技術的に難しく、[[合併症]]も開腹手術に比較しておこりやすい傾向にあるとの見方がある<ref>[http://www.nerima-hosp.or.jp/sanfujinka/index.html 婦人科腹腔鏡手術のご案内]</ref>。
* 遠近感のない平面[[ディスプレイ]]の欠点を補うために、[[内視鏡手術]](腹腔鏡手術など)向けに[[3D]]対応[[内視鏡]]と3D[[ヘッドマウント]]・ディスプレイを用いる[[システム]]も開発されている<ref>[http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130724/293920/?ST=ndh 内視鏡手術向けに3Dヘッドマウント・ディスプレイを用いるシステムを発売]日経デジタルヘルス</ref>。
 
* 患部を掴んだ感触が伝わらないので、患部に過剰な力が加わって傷つける危険があったが、鉗子の抵抗を術者の手に伝える仕組みが開発されている。
 
== 関連項目 ==
116

回編集