「2015年のジョージア」の版間の差分

編集の要約なし
{{Year in Georgia|2015}}
{{Year in Georgia|2015}}この項目では、'''[[2015年]]の[[ジョージア (国)|ジョージア]]'''について記述する。
 
== 政権在職者 ==
 
=== 中央政府 ===
* [[ジョージアの大統領|大統領]]: [[ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ]](2013年11月17日 – 在任中)
 
=== 自治共和国 ===
==== [[アジャリア自治共和国|アジャリア]] ====
 
==== アジャリア ====
* 首相: [[アルチル・ハバゼ]](2012年10月30日 – 在任中)
* 最高評議会議長: [[アヴタンディル・ベリゼ]](2012年10月28日 – 在任中)
 
==== [[アブハジア]] ====
* 首相(亡命政府): [[ヴァフタング・コルバイア]](代行; 2013年4月8日 – 在任中)
* 最高評議会議長(亡命政府): [[エルグヤ・グヴァザヴァ]](2009年3月20日 – 在任中)
 
=== 係争領域 ===
==== [[アブハジア]] ====
 
==== アブハジア ====
* [[アブハジアの大統領一覧|大統領]]: [[ラウリ・ハジムバ]](2014年9月25日 – 在任中)
* [[アブハジアの首相|首相]]: [[ベスラン・ブツバ]](2014年9月29日 – 2015年3月17日)、[[アルトゥル・ミクヴァビア]](2015年3月20日 – 2016年7月26日)
* [[人民議会議長]]: [[ヴァレリ・ブガンバ]](2012年4月3日 – 在任中)
 
==== [[南オセチア]] ====
* [[南オセチア共和国大統領|大統領]]: [[レオニード・チビロフ]](2012年4月19日 – 在任中)
* 首相: [[ドメンチイ・クルムベゴフ]](2014年1月20日 – 在任中)
* 4月22日 – [[ベラルーシ]]の[[アレクサンドル・ルカシェンコ]]大統領がジョージアを初訪問し、[[トビリシ]]でジョージアの[[ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ]]大統領らと会談した。会談では両国の現在の関係を概観し、貿易・経済協力の発展の展望、地域の安全保障などについて議論が行われた。会談後、両大統領は幅広い分野における両国関係促進に向けた用意を確認する共同声明に署名した<ref>{{cite news|title=Belarus President Starts First Official Visit to Georgia|date=22 April 2015|url=http://civil.ge/eng/article.php?id=28212|accessdate=26 May 2015|work=Civil Georgia}}</ref>。
* 4月22日 – ジョージア政府は、アメリカ合衆国を拠点とする世界第2位の大手バイオ製薬会社[[ギリアド・サイエンシズ]]と提携し、政府資金による[[C型肝炎]]撲滅プログラムを開始した。これは、非常に効果的だが高価な抗ウイルス薬[[ソホスブビル]]を無償提供するものである<ref>{{cite news|title=Gilead uses Georgia as free-drug testbed for hepatitis C elimination|date=22 April 2015|url=https://www.reuters.com/article/2015/04/22/us-health-hepatitis-gilead-georgia-idUSKBN0ND1XU20150422|accessdate=26 May 2015|agency=Reuters|last1=Hirschler|first1=Ben}}</ref>。
* 4月22日 – 2009年以来のジョージア側からの要請に基づき、日本政府は日本語での公式なジョージアの呼称を「グルジア」から「ジョージア」に変更した。日本は4月14日に法律改正案を衆議院で承認し、22日に発効した。これを受けて、在ジョージア日本国大使館でも新しい門標の除幕式が行なわれた<ref>{{Cite web|title=ジョージア政治・経済 主な出来事【2015年4月20日~2016年4月26日】|publisher=在ジョージア大使館|url=http://www.ge.emb-japan.go.jp/files/weekly%20reports%202015/weekly_reports%2016.pdf|date=2015-05-04|accessdate=2018-01-03}}</ref>
* 4月26日 – トビリシのマハタ丘に、イヴェロン聖処女の大聖堂が完成した。イラクリ・ガリバシュヴィリ首相は式典に出席し、大聖堂は国の統一の象徴となると述べた<ref>{{cite news|title=Tbilisi: Cathedral construction on Makhata hill completed|date=26 April 2015|url=http://agenda.ge/news/34000/eng|accessdate=26 May 2015|work=Agenda.ge}}</ref>。