「ギオルギ・ヴァシャゼ」の版間の差分

編集の要約なし
(ページ「Giorgi Vashadze」の翻訳により作成)
 
{{Infobox Politician
{{Infobox Officeholder|name=Giorgi Vashadze<br>{{small|გიორგი ვაშაძე}}|image=Georgiy_Washadze.jpg|office=Member of the Parliament of Georgia|term_start=21 October 2012|birth_date={{birth date and age|1981|7|8|df=y}}|alma_mater=[[Tbilisi State University]]<br>[[Georgian Technical University]]<br>[[Harvard Business School]]|religion=[[Christian]]}}'''Giorgi Vashadze''' ({{Lang-ka|გიორგი ვაშაძე}})生まれ8月1981年)である [[ジョージア (国)|グルジアの]] 政治家および会員の 欧州議会、グルジアの 選挙に当事者のリストを [[統一国民運動 (グルジア)|米国運動]] (UNM)が、2012年です。 また、加盟国の国民運動率は、理事長は、理事長は、予算と財政委員会は、会員の教育、学術文化委員会は、欧州委員会の委員の実施についての質と内部統制手続きの監査は、金融-経済、法律や組織の活動状態の監査を実施します。<ref>[http://www.parliament.ge/en/mp/2002 Giorgi Vashadze]</ref> 彼は、UNM5月-2016年を批判した"閉じたスタイルによるコーポレートガバナンス、サークルのリーダーシップ"です。<ref>{{cite news|title=MP Quits UNM Opposition Party|date=5 May 2016|url=http://civil.ge/eng/article.php?id=29134|accessdate=5 May 2016|work=Civil Georgia}}</ref>
| name = ギオルギ・ヴァシャゼ
| native_name = გიორგი ვაშაძე
| native_name_lang = ka
|image = Georgiy_Washadze.jpg
|office = [[ジョージア国会]]議員
|term_start = 2012年10月21日
|term_end =
|birth_date = {{birth date and age|1981|7|8|df=y}}
|party =
|alma_mater = [[トビリシ国立大学]]<br />[[ジョージア技術大学]]<br />[[ハーバード・ビジネス・スクール]]
|religion = [[キリスト教]]
}}
'''ギオルギ・ヴァシャゼ'''({{Lang-ka|გიორგი ვაშაძე}}、{{Lang-*-Latn|ka|Giorgi Vashadze}}、[[1981年]][[7月8日]] – )は、[[ジョージア (国)|ジョージア]]の[[政治家]]。2012年10月から国会議員を務めた。
 
== キャリア教育 ==
[[ハーバード・ビジネス・スクール]]で学び、[[ジョージア技術大学]]で[[行政学]]の学位を取得。[[トビリシ国立大学]]で[[法学]]の学位を取得<ref>{{ka icon}} [http://parliament.ge/ge/mp/2002 გიორგი ვაშაძე] [[Parliament of Georgia]]</ref>。
Giorgi Vashadzeは、優れた実績を開始し、企画-運営の基本的な改革です。 2005年以降、彼は積極的に関与するプログラムの 法務省グルジア および実用化に成功した複数のプロジェクトを立ち上げ、 する伝統的ドナーに対して、 市民レジストリ機構 (ジョージア州では、2006年~2010年)Giorgi Vashadzeを開始し、成果の実施の"生体認証、パスポート、IDカード、デジタル署名は、個人ポータル [http://my.gov.ge www.my.gov.ge]開発の統一的な人口動態のレジストリは、視覚認識のもと、加速のサービス、リモートサービス(オンライン、家庭では、赤ちゃん本プロジェクト等 これらすべてのプログラムやプロジェクトはとても重要でした改善のためのサービスなどを効果的に除去腐敗やジョージアの際立ちます。<ref>http://psh.gov.ge/index.php?lang_id=ENG&sec_id=2 Houses of Justice were recognized as the most successful Georgian reform of 2011.</ref>
 
== 法務省 ==
が優れた取り組みのGiorgi Vashadzeとしたいくつかについて簡単に成功に導きます。 [http://ehealth.moh.gov.ge/Hmis/Portal/Default.aspx eHealthプロジェクト] (2011年)を開発することを目的としたシステムを円滑化するような簡単かつ快適な納期の医療サービスです。 [https://www.my.gov.ge/public/home/index?id=22&type=Main&index=0&p1=22 eLocalガバナンス] (2011年)イニシアティブを開発することを目的とした液"のパイロットの電子コーポレート-ガバナンス体制の地方政府当局ます。 この村の家プログラム(2012年)の開発を行っき液を簡単かつ快適な納期の医療サービスです。
ギオルギ・ヴァシャゼは行政構造の抜本的改革に関する立案・計画・管理について実績を残している。2005年より[[ジョージア法務省]]の企画に加わり、複数のプロジェクトの成功に携わった。彼は2006年から2010年まで市民登録局の局長を務め、生体認証パスポート、身分証明カード、デジタル署名、個人ポータル<ref>{{URL|my.gov.ge}}</ref>といったサービスを導入した。また統合的な人口動態管理、視覚認識、時短サービス、遠隔サービス、育児書プロジェクト等についても推進を図った。これらのプログラムやプロジェクトはすべて、サービスの改善に不可欠であり、汚職を効果的に排除し、ジョージアの国際的地位の向上につながった<ref>http://psh.gov.ge/index.php?lang_id=ENG&sec_id=2 Houses of Justice were recognized as the most successful Georgian reform of 2011.</ref>。
設立の [http://www.taoba.ge/site/ コンピュータリテラシー財団] の活躍のGiorgi Vashadzeます。 このプロジェクトの目的をセンターを備えの基礎技術インフラストラクチャが、専門技術により新規プロジェクトのための教育及び文化的環境のための農村人口のインターナショナルはグルジアます。<ref>https://www.youtube.com/watch?v=HkUySR-nzRs 10.05.2012 Signing Computer Literacy foundation founding document</ref>
 
ギオルギ・ヴァシャゼは2011年に法務副大臣に就任し、[[公共サービス局]]の設立に従事した。ヴァシャゼは「あらゆることを、一つの場所で」という原則を打ち出し、この設立プロジェクトは2011年において最も成功したジョージアの改革事業として認められた。この数年間において、ジョージアは[[世界銀行]]<ref>http://www.doingbusiness.org/data/exploreeconomies/georgia/ 8th place In Ease of Doing Business</ref>、[[欧州復興開発銀行]]、[[トランスペアレンシー・インターナショナル]]のランキングで首位の座を獲得した<ref>http://psh.gov.ge/files/685x633xee_1.png.pagespeed.ic.-QIGnvLDlr.png Georgia took the leading places in rankings of the World Bank, the European Bank for Reconstruction and Development (EBRD) and the Transparency International (TI).</ref>
 
== 国会議員 ==
2012年10月、ヴァシャゼは[[統一国民運動 (グルジア)|統一国民運動]]から国会議員に立候補し、比例当選した。彼は予算財務委員会で副委員長を務めたほか、教育科学文化委員会と監査委員会に所属した<ref>[http://www.parliament.ge/en/mp/2002 Giorgi Vashadze]</ref>。彼は2016年5月5日に統一国民運動を離党した。彼は統一国民運動について、「狭隘な集団内のリーダーシップによって、閉鎖的なガバナンスがなされている」と批判した<ref>{{cite news|title=MP Quits UNM Opposition Party|url=http://civil.ge/eng/article.php?id=29134|accessdate=5 May 2016|work=Civil Georgia|date=5 May 2016}}</ref>。
 
== 参考文献 ==
{{reflistReflist}}
 
{{デフォルトソート:うあしやせ きおるき}}
[[Category:1981年生]]
[[Category:存命人物]]
[[Category:グルジアの政治家]]