「航空総隊司令官」の版間の差分

削除
(内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(削除)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''航空総隊司令官'''(こうくうそうたいしれいかん、Commander in Chief of the Air Defence Command)とは、[[航空自衛隊]][[航空総隊]]の指揮官で、[[防衛大臣]]の指揮監督を受け、[[航空方面隊]]及びその他防衛大臣の定める部隊の隊務を統括する。[[空将]]の[[階級]]にある[[自衛官]]が充てられ<ref>[http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29SE179.html 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)第28条の3]</ref>、[[陸上自衛隊]]の各[[方面総監]]、[[海上自衛隊]][[自衛艦隊司令官]]、[[横須賀地方総監]]、[[佐世保地方総監]]<ref>[防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成29年3月31日政令第104号)]</ref>とともに[[政令]]で規定される[[指定職]]5号の役職で、航空自衛隊では[[航空幕僚長]]に次ぐ事実上第2位の地位にある役職である。
 
[[1961年]](昭和36年)[[6月12日]]、自衛隊法の一部改正<ref>[http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/houritsu/03819610612126.htm 「自衛隊法の一部を改正する法律」(昭和36年6月12日法律第126号)]</ref>(昭和36年法律第126号)により、航空総隊司令から航空総隊司令官に改称された。
34

回編集