「北条綱成」の版間の差分

編集の要約なし
天文6年([[1537年]])から[[上杉氏|上杉家]]との戦いをはじめ、各地を転戦する。北条氏の[[北条五色備]]では、黄備えを担当する。天文10年([[1541年]])、氏綱が死去して[[北条氏康]]が家督を継いでも、その信頼が変わることはなかった。
 
特に天文15年([[1546年]])の[[河越城の戦い|河越夜戦]]では、半年余りを籠城戦で耐え抜いた上に本軍と呼応して出撃し敵を突き崩すなど、北条軍の大逆転勝利に大功を立てた。この功績で[[川越城|河越城]]主も兼ねることになったとされる。その後も北条家中随一の猛将として活躍し、[[弘治 (日本)|弘治]]3年([[1557年]])の第三次[[川中島の戦い]](上野原の戦い)では武田方への援軍を率いて上田まで進出し[[上杉謙信]]勢を撤退させ、[[里見義弘]]・[[太田資正]]との[[国府台合戦]]では奇襲部隊を率いて里見軍を撃砕した。
 
『[[甲陽軍鑑]]』によれば、[[永禄]]12年([[1569年]])10月6日の[[武田信玄]]との[[三増峠の戦い]]では、綱成指揮下の鉄砲隊が武田軍の左翼大将[[浅利信種]]を討ち取ったという。元亀2年(1571年)の[[駿河国|駿河]][[深沢城]]([[静岡県]][[御殿場市]])の戦いも武田方に抗戦している。[[元亀]]2年([[1571年]])10月、氏康が病死すると、綱成も家督を子の氏繁に譲って[[隠居]]し、剃髪して'''上総入道道感'''と名乗った。
* 少年期には評判の芳しくなかった氏康の代わりとして、北条家当主に擬する動きまであったという。
* 氏康とは同い年であり義弟でもあったことから信任は非常に厚く、氏康の名代として外交や軍事の全権を与えられることもあったとされる。
* 戦場では常に勇敢で、特に野戦では大将であるにもかかわらずに常に先頭に立って「勝った勝った!」と叫びながら突撃したとされる。その武勇には上杉軍や武田軍も恐れ、深沢城の戦いでは圧倒的な兵力差であるにもかかわらず、武田軍は綱成に苦戦したとされる。
* 武勇だけでなく、[[白河晴綱]]、[[長尾当長]]、[[蘆名盛氏]]らとの外交交渉など、外交の使者として活動する事もあった(白河古文書、長尾当長家臣の小野寺氏の文書など)。
 
匿名利用者