「山口二郎」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 研究・言論活動 ==
=== 民主党のブレーンとして ===
1998年に[[民主党 (日本 1998-2016)|民主党]]のブレーンになると、同じ野党である[[日本社会党]]の憲法九条に拠る護憲平和主義は時代遅れとして批判し、「現実的な安保外交政策」を持つ民主党による政権交代こそが日本の閉塞感を打破すると主張を続けた<ref>戦後政治の崩壊―デモクラシーはどこへゆくか (岩波新書)  2004/6/18</ref>
 
[[第45回衆議院議員総選挙]]では、民主党の[[マニフェスト|公約]]に対する「財源の裏付けのない、まやかし政策」という批判に対して、「政権を目指す政党に最も重要なことはこぢんまりした整合性ではなく、現状を批判することと、よりよい社会を提示する構想力である」と反論した<ref>東京新聞社説:週のはじめに考える 歴史的体験を共に 2009年8月23日</ref>。政権交代が実現すると「今回の政権交代によって、ようやく本物の[[民主主義]]が日本に現れたということができる。いわば、政権交代によって市民革命が成就したのである」と絶賛した<ref>[{{Cite web |url=http://uonome.jp/article/yamaguchi/593]現代政治の深層を読む  |title=政権交代という革命の成就 |publisher=魚の目 |date=2009-09-04 年 9 月 4 日 山口 二郎|accessdate=2009-09-04}}</ref>。
 
政権交代後は、[[菅直人]][[内閣総理大臣|総理大臣]]と民主党政権が進める政治主導システムの確立について意見交換を行うなど、民主党政権の[[ブレーントラスト|ブレーン]]として政権を支えたが<ref>産経新聞 2011年3月27日13:14 [http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032713140005-n1.htm]</ref><ref>{{Cite news |url=http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1106020008/ |title=「自滅の道は避けて」、民主や首相のブレーン 山口北大教授 2011年6月2日 |publisher=神奈川新聞 [http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1106020008/]|date=2011-06-02 |accessdate=2011-06-02}}</ref>、山口自身は自分は民主党政権にはあまり関わっていないと主張している<ref>{{Cite nameweb |url=":0">[http://www.yomiuri.co.jp/adv/hosei/voice/vol05.html |title= 法政大学×読売新聞 政治や社会へのグローバルな関心を持つ学生を育てたい] |publisher=読売新聞 |date=2014-08-01 |accessdate=2014-08-01}}</ref>。民主党政権の失政に対する批判に対しては「(政権交代を支援してきた自分は)[[リフォーム詐欺]]の片棒を担いだ[[詐欺]]師の気分で身の置所がない」と発言しているが<ref>東京新聞2010年11月21日</ref>、[[自由民主党 (日本)|自民党]]への政権交代の後は「改革創生会議」の議長代行として報告書策定の中心的な役割を担った。党の勉強会などでも講師として呼ばれることが多い<ref>[{{Cite news |url=http://www.asahi.com/politics/update/0130/TKY201301290507.html |title=総選挙敗因、全国回り聴取へ 民主、党改革へ初会合] |publisher=[[朝日新聞]]  |date=2013年1月-01-30日04:32配信 配信日に閲覧 |accessdate=2013-01-30}}</ref><ref>{{Cite news |url=http://www.sankei.com/politics/news/151229/plt1512290028-n1.html 産経新聞 2015.12.31 13:30 |title=政府に言論弾圧要請? 民主ブレーン山口教授「公式見解に反したら処断を」][ |publisher=産経新聞 |date=2015-12-29 |accessdate=2015-12-31}}</ref>。
 
=== 政治家に対する批評 ===