「式守伊之助」の版間の差分

== 解説 ==
[[File:39th Inosuke Shikimori in Sumiyoshi Taisha (1) IMG 1474-2 20130302.JPG|thumb|250px|39代伊之助(のち37代庄之助)。式守伊之助の軍配の房色・[[直垂]]の[[菊綴]]は紫白と定められている。]]
この[[名跡]]は代々[[三役]]格から立行司に昇格する[[行司]]が襲名しており、[[軍配]]には紫白の房、装束には紫白の菊綴じを着用し<ref>1927年から1959年までの伊之助の菊綴・房は、現在のものより白部分が少ない紫白であった。伊之助が用いる現在の紫白は1927年から1951年まで木村玉之助が用い、1951年から1959年までは副立行司が用いていた。</ref>、庄之助同様、差し違えた際に切腹する覚悟を意味する[[短刀]]を左腰に差し、右腰には[[印籠]]を下げる。本場所では三役格以下と同様に2番を合せている。
 
[[式守伊之助 (初代)|初代]]が[[明和]]年間より[[寛政]]年間にかけて使用した軍配が現存する。現在、土俵上で受け継がれている1本の軍配(「'''ゆずり団扇'''」とも呼ぶ)に記されている文字は、どのように読むのかはっきりしていない。(この軍配の裏面に書かれている文字は和歌がしたためられており、正確に読むことができる。その和歌の文面は、「いにしへの ことりつかひの おもかけを 今ここに見る 御世そめてたき」である。)[[1882年]]の相撲錦絵にすでに登場しているが、伊之助のゆずり団扇となったのは[[木村庄之助 (24代)|20代]]時代の[[1960年]]5月からである。
[[2008年]]5月場所からは10代[[三太夫 (行司)|式守勘太夫]]が[[木村庄之助 (36代)|38代]]を襲名した。[[2011年]]11月場所より38代が庄之助を襲名し、[[木村玉光 (16代)|16代木村玉光]]が39代を襲名するはずだったが、健康問題を理由に辞退したため、伊之助は暫く空位となった<ref>立行司が一人になるのは庄之助が不在だった[[2006年]]3月場所以来である。</ref>。[[2012年]]11月場所より10代木村庄三郎が[[木村庄之助 (37代)|39代]]を襲名した。[[2013年]]11月場所、39代が庄之助を襲名したのに伴い、11代[[三太夫 (行司)|式守錦太夫]]が40代を襲名した。
 
だが、2017年[[沖縄県]][[宜野湾市]]で巡業があった12月16日の夜、宿泊先のホテルで食事中に泥酔。部屋まで送ってくれた10代の若手行司に数回キスし、胸を1度触ったとされる。今月5日に報告を受けた協会が伊之助から事情を聴いたところ、否定しなかったという。宮城野親方は伊之助について「飲むと、正気を失うところがあった」と述べ、「言い聞かせて酒をやめてもらうしかない」と語った。相撲協会が、本人を呼んで事情聴取した際に「泥酔していたので覚えていない」や「自分は'''男色'''の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのか分からない」などと話していた
 
== 式守伊之助の代々 ==
匿名利用者