「集積回路」の版間の差分

m
→‎セキュリティチップ: bot対策のため節stubを節スタブに変更 using AWB
m (→‎セキュリティチップ: bot対策のため節stubを節スタブに変更 using AWB)
** [[ICカード]]
== セキュリティチップ ==
{{節stubスタブ}}
コンピューターに[[耐タンパー性能]]を与える為のSystem-on-a-chipモジュール。[[I/Oポート]]と[[電源]]端子のみを備え、マイクロコントローラーとして全てのロジックをワンチップに収納してある。鍵管理・鍵ブロックの登録と払い出し・[[Worm]]機能などが盛り込まれ、[[中間者攻撃]]や[[サイドチャネル攻撃]]からコンピューターシステムを防御する。世界で最も多く使われているセキュリティチップが[[ICカード]]である。システム防衛の要として使われるが、通常スタンドアロンで動作する物は無い。[[バックエンド]]システムに[[データベース]]を備え、そのデータベースにアクセスする鍵が格納される(過去に実データを格納するICカードもあったが耐タンパー性の悪さから、[[B-CAS]]カード等[[限定受信システム]]以外は撤退している。日本、EUではカードが解析・改ざんされ限定受信システムが崩壊した)。
[[おサイフケータイ]]・[[Suica]]などで知られるワイヤレス電子マネー・電子発券システムもセキュリティチップである。このシェアは[[SONY]]が開発した[[Felica]]が主流であり、[[NFC]]として[[ISO]]で標準化された。
14,985

回編集