「UnionFS」の版間の差分

編集の要約なし
m (Category:オープンソースソフトウェア)
'''UnionFS''' は [[Linux]] と [[FreeBSD]] 向けのファイルシステムサービスであり、複数異なる[[ファイルシステム]]に対する {{仮リンク|union mount|en|union mount}} を実装している。UnionFS により、(ブランチとして知ら呼ばれる、分離したファイルシステム) [[ファイル]][[ディレクトリ]]同士を透過的に重ねる (マージする) ことができる技術である。これにより仮想的な単一の一貫したファイルシステムを形成する。新しいこの仮想的なファイルシステム内で、マージされた複数のブランチ同じパスを持つディレクトリの中身内容単一のマージされたディレクトリ内で一緒同時に見ることになる。
 
== 概要 ==
ブランチをマウントージするとき、あるブランチの、他のブランチに対する優先度が指定される。そのため両方のブランチが同じ名前のファイルを含むとき、あるブランチがもう一方ブランチよりも優先され度を決める。
 
異なるブランチ毎に'''読み込み専用'''にも'''読み書き可能'''にもできるので、仮想的なマージされたコピーファイルシステムへの書き込みは特定の本当の物理的なファイルシステムへ向けられる。例えば、変更したくない雛形のブランチを読み込み専用とし、これによりファイルシステムが別の書き込み可能のように見えるが、実際にファイルシステムなブランチ変えマージす事で、あたかも全体として書き込み可能にしないようにでき見える。マージを解消すれば、雛形のブランチを復元する事が出来る。これは[[コピーオンライト]]としても知られている。[[Live CD]] の場合のように、[[電子媒体|メディア]]が物理的に読み込み専用のときに、これは魅力的も有用ある可能性がある。
 
== 利用 ==
[[KNOPPIX]] では、[[CD-ROM]] や [[DVD]] 等の読み込み専用のデバイスにある[[イメージファイル]] (''knoppix.img'') のファイルシステムと、[[USBメモリ主記憶装置|USB メモリスティック]]のような)上に作成された込み可能なドライブ上の ''knoppix.img'' と呼ばれるイメージファイルを含むファイルシステム間の結合を作ることができ、そこでは書き込み可能なドライブは読み込み専用ドライブよりも優先される。これにより、新しいファイルを透過的にイメージに保存し、CD 上のファイル代わ上のデータを書き換えたに透過的に使ってプログラムをダウンロザがシステム上のどのファイルも変ドして使ることができるようになる<ref>[http://www.knoppix.net/wiki/Live_CD_Tips#Persistent_Disk_Image Persistent disk image section on knoppix wiki]</ref>。
 
'''UnionFS''' はいくつかのファイルシステム向けの単一の共通テンプレートを作るためや、セキュリティ上の理由のため対策に使うこともできる。ときどき[[アドホック]]加えて、一時的な[[スナップショット (ファイルシステム)|スナップショット]]システムとしても使われる。
 
== 他の実装 ==
[http://unionfs.filesystems.org/ Linux 向けの Unionfs] には二つのバージョンがある<ref>{{cite web|url=http://unionfs.filesystems.org/|title=Unionfs: A Stackable Unification File System|accessdate=2018-1-8}}</ref>。バージョン 1.x はモジュールとしてビルドできるスタンドアロンのものである。バージョン 2.x はより新しい、再設計され、再実装されたものである。2007年1月の時点で、Unionfs 2.0 は[[アンドリュー・モートン]]の Linux [[mmツリー|''-mm'' ツリー]] に含まれているので、Linux [[カーネルのメインラインソースツリー]]に最終的に含まれることが予定されている。バージョン 2.x は Linux 向けの結合 (union) の最小実装で、多くのカーネル開発者によって激しくテストされ調べられており、より効率的である。
 
他のLinuxの実装として [[aufs]] もある。
[[aufs]] は Linux 向けの代わりとなるバージョンの unionfs である。
 
[[Plan 9|Plan 9 from Bell Labs]] [[オペレーティングシステム]]はユーザやプロセス毎にカスタム専用の[[名前空間]]を構築するために広範囲に渡って [[union mount]] を使っている。"[[unionUnion mount]]"して実装された、同じ考え方の実装は、少なくとも1995年から [[Berkeley Software Distribution|BSD]] で利用可能になっている<ref>[{{cite web|url=http://www.usenix.org/publications/library/proceedings/neworl/ |title=USENIX 1995 Technical Conference Proceedings]|accessdate=2018-1-8}}</ref>。
 
[[GNU Hurd]] には UnionFS がある<ref>{{cite web|url=http://www.nongnu.org/hurdextras/#unionfs|title=Hurd Extras|accessdate=2018-1-8}}</ref>。2008年1月の時点で、動作するが、読み込み専用のマウントポイントになる。
 
[[mhddfs]] は UnionFS のように動作するが、ほとんど空いた領域が利用可能なドライブ越しにファイルのバランスを保つことができる。
 
<!--意味不明。[[mhddfs]] は UnionFS のように動作するが、ほとんど空いた領域が利用可能なドライブ越しにファイルのバランスを保つことができる。
-->
== 脚注 ==
* C. P. Wright et al. (2004). "[http://www.fsl.cs.sunysb.edu/docs/unionfs-tr/unionfs.pdf Versatility and Unix Semantics in a Fan-Out Unification File System] (pdf)." (Discusses UnionFS implementations and semantics.)
<references/>
 
== 外部リンク ==
* C. P. Wright et al. (2004). "[http://www.fsl.cs.sunysb.edu/docs/unionfs-tr/unionfs.pdf Versatility and Unix Semantics in a Fan-Out Unification File System] (pdf)." (Discusses UnionFS implementations and semantics.)
* [http://unionfs.filesystems.org/ Linux Unionfs の公式サイト] (Unionfs は Linux カーネルに含めることが予定されている)
* [https://bugzilla.filesystems.org/ Bugzilla バグデータベース] Linux Unionfs 向け
匿名利用者