「UnionFS」の版間の差分

ファイルシステムの共通テンプレートや、セキュリティ対策に使うこともできる。加えて、一時的な[[スナップショット (ファイルシステム)|スナップショット]]としても使われる。
 
== 他の実装 ==
Linux 向けの Unionfsには二つのバージョンがある<ref>{{cite web|url=http://unionfs.filesystems.org/|title=Unionfs: A Stackable Unification File System|accessdate=2018-1-8}}</ref>。バージョン 1.x はモジュールとしてビルドできるスタンドアロンのものである。バージョン 2.x は再設計されたものである。2007年1月の時点で、Unionfs 2.0 は[[アンドリュー・モートン]]の Linux [[mmツリー|''-mm'' ツリー]] に含まれているので、Linux [[カーネル]]に最終的に含まれることが予定されている。
 
<!--意味不明。[[mhddfs]] は UnionFS のように動作するが、ほとんど空いた領域が利用可能なドライブ越しにファイルのバランスを保つことができる。
-->
 
== 脚注 ==
<references/>
匿名利用者