「テキサス・インスツルメンツ」の版間の差分

→‎概要: 概要に追記。
m (en版)
(→‎概要: 概要に追記。)
 
== 概要 ==
1930年に前身である石油探査会社ジオフィジカルサービス(GSI)として米国テキサス州に設立。1951年にGSI社のエレクトロニクス部門を中心に再編成が行われ、テキサス・インスツルメンツ社と改称。1950年に世界初のシリコン型トランジスタを製品化、1954年にI.D.E.A.社と[[トランジスタラジオ]]を開発、1958年に[[集積回路]]を発明、1967年に携帯型IC[[電卓]]を発明。1970年に[[Transistor-transistor logic|TTL]]汎用ロジックICとして広く普及する7400型を発表。1973年に[[マイクロコントローラ]]の特許を取得。その後、世界25ヶ国以上に製造・販売拠点を有する国際的な半導体企業であり、デジタル情報家電、ワイヤレス、ブロードバンド市場に欠かせない[[デジタル信号処理]]を行う[[デジタルシグナルプロセッサ|DSP]]と、それに関連する[[集積回路#アナログ集積回路|アナログIC]]、[[マイクロコントローラ]]を主力製品としている。2018年現在、アナログICの世界最大手
 
[[1958年]]当時TIの研究者であった[[ジャック・キルビー]]が発明した[[集積回路|IC]]についての基本[[特許]]の特許権を保有しており、ICが広く普及した1980年代になって日本をはじめとする著名な半導体企業([[日本電気]] (NEC)、[[日立製作所]]、[[富士通]]等)に対して高額な実施料を要求、特許侵害訴訟に発展した。これに対し、富士通を除く各社はTIと和解し、多額の実施料を支払うこととなった。
2

回編集