「三峯神社」の版間の差分

タグ: 2017年版ソースエディター
== 歴史 ==
[[File:Mitsumine jinja.jpg|thumb|三峰神社付近略図。1938年]]
社伝によれば、[[景行天皇]]の時、[[ヤマトタケル|日本武尊]]が東征中、[[碓氷峠]]に向かう途中に現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したという。景行天皇の東国巡行の際、天皇は社地を囲む[[白岩山]]・[[妙法が岳|妙法ヶ岳]]・[[雲取山]]の三山を賞でて「三峯宮」の社号を授けたと伝える<ref>[http://www.mitsuminejinja.or.jp/saijin/index.htm 三峯神社~ご祭神・由来~]。</ref>。[[伊豆国]]に[[流罪]]になった[[役小角]]が[[三峰山]]で修業をし、[[空海]]が観音像を安置したと縁起には伝えられる。
 
三峰の地名と熊野の地名の類似より、三峰の開山に熊野修験が深くかかわっていることがうかがえる。熊野には「大雲取・小雲取」があり、三峰山では中心の山を「雲取山」と呼んでいる。