「酉の市」の版間の差分

鷲神社は、[[ヤマトタケル|日本武尊]](やまとたけるのみこと)を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰される。関東地方では[[鷲宮神社]]([[埼玉県]][[久喜市]])が鷲神社の本社とされる<ref>[[近畿地方|関西地方]]では[[大鳥大社]]([[大阪府]][[堺市]])が本社とされる(岡田米夫「全国著名神社案内記」東京大神宮刊)。関東各地にある鷲神社との関係は明らかでない。</ref>。同社の祭神は、[[天穂日命]]、[[武夷鳥命]]、[[大己貴命]]である。日本武尊が[[ヤマトタケル#東征|東征]]の際、同社で戦勝を祈願したとされる。古くからこの神社を中心に「酉の日精進」の信仰が広まり、12月の初酉の日には大酉祭が行われる。
 
[[江戸時代]]には、[[武蔵国]][[南足立郡]]花又村(現・東京都[[足立区]] [[花畑 (足立区)|花畑]])にある[[大鷲神社 (足立区)|大鷲神社]](鷲大明神)が栄え、「本酉」と言われた。この花又鷲大明神を産土神とする近在住民の収穫祭が、江戸酉の市の発祥とされる。現在の同社の祭神は日本武尊で、東征からの帰還の際、同地で戦勝を祝したとされる。江戸時代には、花又の鷲大明神([[神仏習合#本地垂迹説|本地]])は鷲の背に乗った[[釈迦]]とされた。この神社の酉の市は、15世紀初めの[[応永]]年間に始まるとされ、参詣人は、[[ニワトリ|鶏]]を献納して開運を祈り、祭が終了した後浅草観音堂前([[浅草寺]])に献納した鶏を放った。
 
江戸時代後期から、最も著名な酉の市は、[[浅草]]の[[鷲神社 (台東区)|鷲神社]](おおとりじんじゃ)と酉の寺 長國寺(とりのてら ちょうこくじ)境内で行われた酉の市である。江戸時代には浅草の鷲大明神([[神仏習合#本地垂迹説|本地]])は鷲の背に乗る妙見菩薩とされた。「現在の足立区花畑の[[大鷲神社 (足立区)|大鷲神社]]を「上酉、本酉」、千住にある勝専寺を「中酉」、浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺を「下酉、新酉」と称しており、江戸時代に盛大な酉の市はこの3カ所であった。幕末には巣鴨、雑司ヶ谷などの大鳥神社でも酉の市が開催されるようになる。明治時代になると千住・勝専寺の酉の市は閉鎖されたが、江戸時代から続く酉の市はいくつかあり現在も賑わっている。
 
浅草の[[鷲神社 (台東区)]]と酉の寺 長國寺の東隣には新吉原という遊郭が存在し、酉の市御例祭の日には遊郭内が開放されたといわれ、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至る。
規模(熊手店約150店舗・露天約750店)賑わい(毎年70万人~80万人の人出)とも日本一の酉の市である。
 
匿名利用者