「イアフメス1世」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''イアフメス1世'''(AhmoseⅠ/AhmosisⅠ、在位:紀元前1570年 - 1546年)は、[[古代エジプト]][[エジプト第18王朝|第18王朝]]の初代[[ファラオ]](王)。[[エジプト第17王朝|第17王朝]]の[[セケンエンラー|セケンエンラー・タア2世]]は父、[[カーメス]]王は兄(もしくは叔父)である。王妃は[[イアフメス・ネフェルトイリ]](イアフメス・ネフェルタリ)。
 
誕生名は'''イアフメス'''(Ahmose/Ahmosis)意味は「(月神)[[トート|ラー]](Lah)の造りしもの、(月神)ラーに生み出されしもの」。即位名は'''ネブペフティラー'''(Nebpehtire)で、意味は「力の主は(太陽神)[[ラー]](Ra、Re)」。
 
月神「ラー」(Lah)は古代エジプトの古い神格で、後に月神の性格を持つ「トート」神と同一視され、目立たなくなった。
 
== 生涯 ==