メインメニューを開く

差分

この時代、すでに日本には[[法相宗]]や[[華厳宗]]など[[南都六宗]]が伝えられていたが、これらは中国では天台宗より新しく成立した宗派であった。最澄は日本へ帰国後、比叡山'''[[延暦寺]]'''に戻り、後年[[円仁]](慈覚大師)・[[円珍]](智証大師)等多くの僧侶を輩出した。最澄はすべての衆生は成仏できるという法華一乗の立場を説き、[[奈良仏教]]と論争が起こる。特に法相宗の[[徳一]]との[[三一権実諍論]]は有名である。また、鑑真和上が招来した[[具足戒]]を授ける戒壇院を独占する奈良仏教に対して、[[大乗仏教|大乗]][[戒壇]]を設立し、[[大乗戒]]([[円頓戒]])を受戒した者を天台宗の僧侶と認め、菩薩僧として12年間比叡山に籠山して学問・修行を修めるという革新的な最澄の構想は、既得権益となっていた奈良仏教と対立を深めた。当時大乗戒は俗人の戒とされ、僧侶の戒律とは考えられておらず(現在でもスリランカ上座部など南方仏教では大乗戒は戒律として認められていないのは当然であるが)、南都の学僧が反論したことは当時朝廷は奈良仏教に飽きており、法相などの旧仏教の束縛を断ち切り、新しい平安の仏教としての新興仏教を求めていたことが底流にあった。論争の末、最澄の没後に大乗戒壇の勅許が下り、名実ともに天台宗が独立した宗派として確立した。清和天皇の貞観8年(866)7月、円仁に「慈覚」、最澄に「伝教」の大師号が贈られた。宗紋は三諦星。
 
=== 天台密教(台密) ===
[[真言宗]]の密教を[[東密]]と呼ぶのに対し、天台宗の[[密教]]は[[台密]]と呼ばれる。
 
当初、中国の天台宗の祖といわれる[[智ギ|智顗]](天台大師)が、法華経の教義によって仏教全体を体系化した'''五時八教の[[教相判釈]]'''(略して教判という)を唱えるも、その時代はまだ密教は伝来しておらず、その教判の中には含まれていなかった。したがって中国天台宗は、密教を導入も包含もしていなかった。
 
しかし日本天台宗の宗祖・最澄(伝教大師)が唐に渡った時代になると、当時最新の仏教である中期密教が中国に伝えられていた。最澄は、まだ雑密しかなかった当時の日本では密教が不備であることを憂い、密教を含めた仏教のすべてを体系化しようと考え、[[順暁]]から密教の灌頂を受け持ち帰った。しかし最澄が帰国して一年後に[[空海]](弘法大師)が唐から帰国すると、自身が唐で順暁から学んだ密教は傍系のものだと気づき、空海に礼を尽くして弟子となり密教を学ぼうとするも、次第に両者の仏教観の違いが顕れ決別した。これにより日本の天台教学における完全な密教の編入はいったんストップした。
 
とはいえ、最澄自身が法華経を基盤とした戒律や禅、念仏、そして密教の融合による総合仏教としての教義確立を目指していたのは紛れもない事実で、円仁(慈覚大師)・円珍(智証大師)などの弟子たちは最澄自身の意志を引き継ぎ密教を学び直して、最澄の悲願である天台教学を中心にした総合仏教の確立に貢献した。したがって天台密教の系譜は、円仁・円珍に始まるのではなく、最澄が源流である。また円珍は、空海の「十住心論」を五つの欠点があると指摘し「天台と真言には優劣はない」と反論もしている。
 
なお真言密教(東密)と天台密教(台密)の違いは、東密は[[大日如来]]を本尊とする教義を展開しているのに対し、台密はあくまで法華一乗の立場を取り、法華経の本尊である久遠実成の[[釈迦如来]]としていることである。
 
=== 四宗兼学 ===
匿名利用者