「湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズ」の版間の差分

(内容追加。人気があるということが乗っていなかったため内容を追加しました。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
==== パワーチューニング ====
:STEP1 [[ブーストコントローラー]]装着([[自然吸気|NA]]車は[[ターボチャージャー|タービン]]キット装着、R2のみ[[エンジンスワップ|エンジン換装]]となる)【320(3以降:360)馬力にUP】
:STEP2 [[マフラー (原動機)|マフラー]]交換(RCT、NSX(NA1、NA2、NC1)の場合は見かけに変化がない)【340(3以降:400)馬力にUP】
:STEP3 [[エアクリーナー]]交換【360(3以降:420)馬力にUP】
:STEP4 [[エンジンコントロールユニット|ECU]]書き換え【380(3以降:450)馬力にUP】
:STEP4 [[タワーバー]]装着【ハンドリングUP】
:STEP5 [[スタビライザー]]交換【ハンドリングUP】
:STEP6 車高調整式サスペンションキット装着(RCT、NSX(NA1、NA2、NC1)の場合は見かけに変化がない)【ハンドリングUP】
:STEP7 [[エアロパーツ]]装着(「3」以降では、[[差動装置|リミテッド・スリップ・デフ]](LSD)装着)【ハンドリングUP・エアロパーツ装着<ref name=aero>各車1種類のみで、カラー以外での個性化はできない。ただし、ノーマル状態でハンドリングUPするか、エアロパーツ装着でハンドリングUPするか選択可能。「1」では自動的に装着の後はそのままだったが、「2」からはホイールと同様にカード更新時に変更可能。ただし、GEMBALLA及びアザーカーは選択不可(ノーマル状態でハンドリングUP)。なお、「3」以降では、分身対戦モードで装着することとなる。</ref>】
:STEP8 [[ロールケージ]]装着(RCT、NSX(NA1、NA2、NC1)の場合はボディ補強)【ハンドリングUP】
:STEP9 大径[[ブレーキローター]]装着【ハンドリングUP】
:STEP10 軽量化・[[スポット溶接]]増し【ハンドリングUP】
*新たなホイール、ステッカー、ネオン管の追加によって、通常車種は、エアロパーツセット3種類、ボンネット3種類、ウィング3種類、ホイール32種類、エアロミラー1種類、ステッカー9種類、ネオン管12種類に、GEMBALLA車は、エアロパーツセット1種類、ホイール10種類、ステッカー1種類となり、ドレスアップコンプリートはLv.63になった。
*R35 GT-R及びR35 GT-R SpecVは装備できない。
 
 
==== MAXIMUM TUNE 4 ====
 
==== MAXIMUM TUNE 5 DX PLUS ====
* 前作までの内容に加えて、NSX(NC1・NA1・NA2ともに)、ミウラ、S13シルビア、MINIにはドレスアップパーツを装備できないとともに、マキシショップも利用できない(カラー(NSX(NC1・NA1・NA2ともに)、MINIを除く)とネームプレートは変更可能。)。
* また、アベンタドールとカウンタックも一部ドレスアップパーツの装備ができない。