メインメニューを開く

差分

→‎用語: リンク切れ出典で要出典を置き換える編集(oldid=66956901)の戻し、+リンク切れ
 
== 用語 ==
日本で言う「システムエンジニア」「SE」は和製英語と考えられ、国際的には一般に通じない。英語圏にもSystems Engineerと呼ばれる職務があるものの、これは文字通り[[システム工学]](Systems engineering; システムズ・エンジニアリング)にかかわる技術者を指すものであり、日本で「SE」と呼ばれる人々とは一般的に重ならない<ref>{{Cite web
|url = http://money.cnn.com/magazines/moneymag/bestjobs/2009/
|title = Best Jobs 2009 - Salary and Job Market Information - from Money Magazine
|accessdate = 2010-05-22}}{{リンク切れ|date=2018-1}}</ref>と呼ばれる職務があるものの、これは文字通り[[システム工学]](Systems engineering; システムズ・エンジニアリング)にかかわる技術者を指すものであり、日本で「SE」と呼ばれる人々とは一般的に重ならない{{要出典|date=2015年3月}}。英語圏において似たような職種を指す表現としては、ソフトウェアエンジニア、ソフトウェア開発者、プログラマー、ハードウェア技術者などが挙げられる。
 
日本では通常、コンピューターシステムやコンピューターソフトウェアの設計等に携わる技術者という意味で使用されており<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2?dic=daijisen&oid=08015700 デジタル大辞林]</ref>、プログラムの設計図とも言える「仕様書」の作成に携わる人を指す場合が多い<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2?dic=daijirin&oid=DJR_SISUTEMU_-010-_ENNZINIA_-01 大辞林 第3版]</ref>。[[経済産業省]]の統計では「ソフトウェア業務従事者」の分類として、「システムエンジニア」や「プログラマ」等を使用している<ref>[http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabizi/result-2/h18/pdf/h18-t-all.pdf 平成18年特定サービス産業実態調査 - 通商産業省]</ref>。
16,107

回編集