「システムエンジニア」の版間の差分

→‎概要: 出典の提示のない要出典除去編集(oldid=66956901)の戻し。なお、記事のコメントは出典となりません。 出典のない記述の除去、脚注表示の追加
(→‎用語: 示されている出典で記載されているのは「システムエンジニアリング標準」についてであり、システムエンジニアリングについてとの誤読に基づく記述のため、除去)
(→‎概要: 出典の提示のない要出典除去編集(oldid=66956901)の戻し。なお、記事のコメントは出典となりません。 出典のない記述の除去、脚注表示の追加)
 
:4.その他の用法
::用例としては少ないものの、システムあるいはハードウェアの配置・保守・修理を行う技術者をSEと呼ぶ例がある。ただし、[[カスタマエンジニア]]と呼び変えられる場合もある{{要出典|date=2015年3月}}。また、過渡期ながらプログラマとほぼ等しい意味で使用された例が過去のCOBOL開発環境であったとのIT関連メディアのコラムで報じられている<ref name="karyuu"></ref>。また、単にシステムに精通した者という意味で使われた事例も少ないものの存在する{{要出典|date=2015年3月}}。
 
実際には、1,2,3いずれかを兼任、あるいはすべて兼任する場合があるが、システムエンジニアという言葉の意味を明確に定義するものは存在せず、その職務範囲は企業や団体によってまちまちである。そのため、上記以外にも使用例としては少ないものの様々な用法があると推察されるが、おおまかには、情報システムまたはソフトウェア開発の[[要求定義]]、設計、開発、[[システム運用|運用]]などや、それらを統括管理する[[ソフトウェアプロジェクト管理|プロジェクトマネジメント]]などに従事する者がシステムエンジニアと呼ばれる傾向がある<ref name="20dai"/>
 
また企業によっては、比較的単純なプログラミングが中心の「プログラマ」よりも上位で、高度な設計を行う「[[アーキテクト]]」よりは下位の職位をあらわす名称として使っている<ref name="20dai"/>。