「式守伊之助」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''式守 伊之助'''(しきもり いのすけ)は[[大相撲]]の[[立行司]]の名前。[[行司]]としては[[木村庄之助]]に次ぐ二番目の地位で、[[番付]]の西正位[[横綱]]に相当し、2017年現在に至るまで40代にわたり襲名されている。
オッパイ
 
== 解説 ==
行司[[停年]]制実施前の[[1958年]]限りで庄之助同様に[[年寄名跡]]より除かれた。現存する行司2家のうち[[式守家]]は[[式守伊之助 (初代)|初代伊之助]]が式守姓を名乗ったことに由来するといわれる。
 
60歳を過ぎてから襲名する者が多く、[[式守伊之助 (19代)|19代]]<ref>19代は定年制導入以前である。</ref>、[[式守伊之助 (27代)|27代]]、[[式守伊之助 (30代)|30代]]、[[式守伊之助 (34代)|34代]]が64歳、[[式守伊之助 (26代)|26代]]が63歳で襲名している。若年の襲名は[[式守伊之助 (6代)|6代]]<ref>6代は生年月日が不明である。</ref>と[[式守伊之助 (8代)|8代]]が40歳、[[木村庄之助 (27代)|23代]]が48歳、当代の[[式守伊之助 (40代)|40代]]は54歳で襲名している。
 
[[明治]]年間に[[本場所]]で[[勧進]]元を務めた伊之助が開催直前に死去し、いわゆる「[[位牌]]勧進元」が続いた。[[式守伊之助 (5代)|5代]]、6代、[[式守伊之助 (7代)|7代]]、8代、[[式守伊之助 (9代)|9代]]と5人続けて現役で亡くなり、[[式守伊之助 (14代)|14代]]は[[1926年]]1月場所から襲名となるが伊之助として土俵に上がることなく前年暮れに死去した。1926年1月場所の番付は14代として「式守伊之助」と書かれている。のちに「伊之助の祟り」とも喧伝されて恐れられた。
匿名利用者